【ネタバレ】ダンジョン飯 11巻 感想、ネタバレ

ハルタで連載中のダンジョン飯の11巻が発売されました。

今回は第70話から第76話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもやま話も収録されています。

前巻、10巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ハルタで連載中のダンジョン飯の10巻が発売されました。 今回は第63話から第69話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもや...

スポンサーリンク
google adsense

11

11巻の表紙は翼獅子です。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第70シスル-3-

竜同士が争いを始めたおかげでライオスは何とか助かりますが、竜同士の争いに巻き込まれ竜の尻尾の下敷きになってしまいます。何とか逃げ出しますが、肋骨が折れてしまい下敷きになった衝撃で着ている鎧もダメになってしまいます。竜達の争いを観察しつつ、ライオスはこのまま竜同士が潰しあってくれることを期待しますが、シスルは竜達に争いを止めるように命令します。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第71シスル-4-

シスルを拘束したライオスですがろっ骨が折れていて重傷で、魔法で治癒を行います。しかし、ライオスの魔力ではあまり傷を治癒することは出来ません。ライオスはある程度治癒できた所で、皆の遺体と翼獅子の本を海底に沈む前に回収しようと考え、シスルを背負うと海に遺体と本を探しに行きます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

ライオスが遺体と本を探していると背中のシスルが、いかさまだ!!どうしてお前がまだ生きている!?と、激怒します。ライオスは毒霧や大爆発で死んだはずなので、シスルは翼獅子の手を借りて何かいかさまをしたんだろう、とライオスに文句を言ってきます。ライオスはシスルに、どうやって竜達の攻撃から助かったか、説明を始めます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第72シスル-5-

シスルに隙を見せた結果、ライオスは植物に拘束されてしまい強制的に食事を取らされる状態にされてしまいます。こうすれば勝手に迷宮を動き回られることもなく、皆を守ることができる!と、上機嫌のシスルは、本気でいいアイデアだと思っているようで、早くデルガルもこうしてやらないと、とデルガルを探そうとします。しかし上機嫌のシスルを封印されている翼獅子が、突然襲い始めます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第73ババロア

昨夜、ライオスと勝利の美酒を飲んでいたマルシルは二日酔いになっていて、すぐには魔術書の封印を解くことが出来ません。この後はもう帰るだけだからと、マルシルは水を飲んで寝かせ、ライオス達はこの旅の後どうするかで、盛り上がります。そんな会話をしていると、屋敷の外にワタリガラスが現れ、その後カブルーが屋敷の方に歩いてきます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第74リリクムムアレ

二日酔いで寝込んでいたマルシルの前に、急にミスルン隊長が現れます。ミスルン隊長は魔術書を探しますが、倒れているシスルが持っていないと分かると、マルシルを問い詰め始めます。悪魔を見たか?悪魔はどこに消えた?どんな姿をしていた?何を話した?と、ミスルン隊長は質問攻めにしますが、マルシルは突然でミスルン隊長の話を理解できません。しかし“本”という単語を聞き、マルシルは名前を知らないエルフが本を知っていることに驚き、とっさにミスルン隊長を爆発魔法で攻撃します。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第75迷宮の主-1-

マルシルによって復活した翼獅子に対して、ミスルン隊長は問答無用で攻撃します。ミスルン隊長は転移術で絵画を翼獅子の体に転移させて、翼獅子の体を削り取っていきます。そして翼獅子の角を使ってマルシルも攻撃しようとしますが、その攻撃は翼獅子が身を挺して防ぎます。ミスルン隊長はさらに翼獅子の首に絵画を転移させて、翼獅子の首を落とします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

第76迷宮の主-2-

幻覚術によって意識を失っているライオス達を、カブルーは手を引っ張って連れて行こうとしますが、家の中の構造が変わっていることに気付きます。一方、カナリア隊は翼獅子の大グモによって、リシオン以外ほぼ全滅しており、ミスルン隊長も魔力切れの状態で気を失ってしまいます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

おまけ モンスターよもやま話-11-

コミックのおまけ、モンスターよもやま話の11です。今回は、

・グリーンドラゴン

・大グモ

・狼男

のよもやま話が収録されています。

狼男の話では、カナリア隊のリシオンが狼男のような獣人になれると知って感激します。ライオスの昔の将来の夢は狼男で、リシオンとその話で意気投合して盛り上がります。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

しかし、よく見るとライオスが思っていた狼男とは外見が違っていたようで、少し失望してしまいます。また自分が何の魔物なのか、リシオンは興味が無いことも気に入らなかったようで、少しずつライオスとリシオンのずれが目立ってきます。最後は同好の士なのに、二人は争いを始めてしまい、カブルーが止めに入る事態に発展します。

© 九井諒子 ダンジョン飯 11巻より

まとめ

11巻では、シスルとの戦い、決着後にシスルが翼獅子に食われてしまい、カナリア隊との対立、そして翼獅子の完全復活が主に描かれています。そして、新しい迷宮の主にマルシルがなってしまい、迷宮の階層が全てひとつになってしまいます。本来深層に棲む魔物達が浅層の領域に来てしまい、生態系が滅茶苦茶になってしまい迷宮にいる冒険者達は混乱してしまっています。早くマルシルと合流しないと迷宮内はさらに混乱しそうですが、合流出来ても問題は山積していて、果たしてライオス達は問題を解決できるでしょうか?

11巻の続き、第77話はこちらの記事にまとめています。

ハルタ 2021-SEPTEMBER volume 87に掲載されているダンジョン飯 76話のネタバレ、感想です。 前回の記事...

ダンジョン飯、11巻 発売中です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る