【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 24巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの24巻の感想、ネタバレです。

今回は207話から215話まで掲載されています。

前巻23巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの23巻の感想、ネタバレです。 今回は198話から206話まで掲載されています(205話...

スポンサーリンク
google adsense

24

24巻の表紙はマイキーです。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

207話 The final act

現代でマイキーを助けていた武道は、気が付けば10年前の高校時代にタイムリープしていました。混乱する武道の所に高校二年生になった友人が次々と会いに来て、武道はさらに驚きます。その後、同じく高校生になっていた千冬に会いに行き、タイムリープで再び未来から戻ってきた事、未来のマイキーの事などを打ち明けます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

208話 Turbulent period

東卍解散後のマイキーの様子を知らない武道は、不良界隈に詳しい山岸に東京の不良について説明してもらいます。東京は現在三つ巴の均衡状態になっていて、港区を拠点とする最大勢力の六波羅単代、総代は寺野 サウス、新宿区を拠点とする愚連隊 梵(ブラフマン)、首領は瓦城 千咒、そして渋谷区を拠点とする関東卍會、総長は佐野 万次郎、この3チームによる“三天時代”になっている、と山岸から聞かされます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

209話 Get a grip

千冬から、まずは仲間集めだな!と、言われた武道は、八戒に誘われてパーちんのパーちんの事務所に行きます。そこで少し大人になったパーちん、ぺーやん、三ツ谷に会い、みんなが頑張っている姿を見て、自分がやろうとしてることに巻き込んじゃダメだと武道は考えます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

210話 Face the music

ドラケンに電話で呼ばれて、ドラケンのいるバイク屋まで行ってみると、武道のバブを直してくれていました。武道とドラケンがバブに乗って公道を走らせていると、突然前から走ってきたバイクがイヌピーを放り投げてきます。イヌピーを武道たちに放り投げたのは、六波羅単代の総代・“無双”のサウスでした。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

211話 The law of the jungle

六波羅単代の総代・“無双”のサウスは、ドラケンを六波羅単代に勧誘しますが、ドラケンは引退を理由に勧誘を断ります。するとサウスはドラケンに突然殴りかかり、引退は許さないと言うと、さらにドラケンを一方的に殴り続けます。そしてサウスは、元壱番隊 隊長の武道にも襲い掛かろうとします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

212話 Battle of the titans

突然現れた梵(ブラフマン)のNo.2・明石 武臣は、武道を梵(ブラフマン)にスカウトしようとします。東京三大勢力“三天”の内、二つのチームが突然現れて、武道は混乱してしまいますが、梵(ブラフマン)が武道をスカウトすると知り、六波羅単代の主席・鶴蝶は明石 武臣のスカウトを阻止しようとします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

213話 Living legends

梵(ブラフマン)の首領・瓦城 千咒に絡んできた班目を、梵(ブラフマン)の大幹部・荒師 慶三は一撃でのしてしまいます。さらに、梵(ブラフマン)の大幹部・今牛 若狭も現れると、武道は荒師 慶三と今牛 若狭は初代黒龍の最強コンビだと、イヌピーから教えられます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

214話 The engine fired

六波羅単代と梵(ブラフマン)が一瞬触発の状態でにらみ合っている時、武道は六波羅単代と梵(ブラフマン)の前で、関東卍會 総長・佐野万次郎をぶっ飛ばしたい!!と、宣言します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

それを聞いたサウスが武道を睨みますが、今度はドラケンがサウスに一撃を加えてサウスの体を浮かせます。タケミっちに用があるならオレを通せ!と、言うドラケンにサウスもさらに本気を出そうとしますが、警察のパトカーが近づいてきたため2チームは撤収を始めます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

215話 After a storm comes calm

ドラケンが梵(ブラフマン)のメンバーと知り、武道はドラケンに梵(ブラフマン)に入った理由を聞こうと思います。しかし外に出てみると、ドラケンは明石 武臣と武道をスカウトした件について揉めていました。ドラケンは武道を梵(ブラフマン)にスカウトすることに反対ですが、それでも瓦城 千咒は武道を勧誘しようとします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 24巻より

まとめ

武道は現代でマイキーと握手することで、再びタイムリープしますが、タイムリープした先は12年前の中学生時代でなく、10年前の高校生時代でした。今度の目的はマイキーを救う事ですが、マイキーは三天時代の一角、関東卍會のトップになっていて、六波羅単代や梵(ブラフマン)の2チームも入り乱れて、早速混乱状態です。

24巻から東京卍リベンジャーズ、最終章開幕となっていますが、武道がどうやってマイキーを救うか、今後の話の展開が気になります。

コロナ過で公開延期になっていた映画 東京卍リベンジャーズは、現在絶賛 公開中です。7月9日から公開されていて上映期間も二か月を超え、そろそろ上映終了する映画館も出てきているので、気になっている方は早めに見に行きましょう。


東京卍リベンジャーズ、TVアニメ放送中です。

4月から放送しているTVアニメ、東京リベンジャーズですが、7月から2クール目の放送が始まります。エンディング主題歌も2クール目から新しくなり...

24巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る