【ネタバレ】ダンジョン飯 4巻 感想、ネタバレ

ハルタで連載中のダンジョン飯の4巻が発売されました。

今回は第22話から第28話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもやま話も収録されています。

前巻、3巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ハルタで連載中のダンジョン飯の3巻が発売されました。 今回は第15話から第21話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもやま...

スポンサーリンク
google adsense

4

4巻の表紙はセンシです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第22地上にて

第4階層の地底湖から帰還の術で地上に戻ったタンスは、迷宮での調査内容を早速島主に報告に向かいます。島主の屋敷はとても豪奢ですが、迷宮の発見以前には下男の一人もいなかったようで、迷宮は島主に大きな財産をもたらしているようです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

ランスは迷宮内での魔法陣を複写していたようで、島主に魔法陣は狂乱の魔術師の物に間違いないと報告します。その話を聞いた島主は参ったと言い、西のエルフたちから迷宮は我々エルフの遺産である、返上しろ、という文が届いたことをタンスに話します。その話を聞いたタンスは、人間に寄越したのはあちらで身勝手だと激怒し、島主には無視で結構と伝えます。そしてエルフの真の目的は財宝などではなく、迷宮にかけられた不死の術だとタンスは推測します。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第23炎竜1

第5階層の城下町に着いたライオス達は、オークの集落だった辺りで焼死した魔狼を発見します。炎竜の火の息にやられたようで、ファリンを食べた炎竜と思われる痕跡をやっと見つけます。マルシルは今の自分達で炎竜を本当に倒せるのか、不安になります。以前のパーティーでは、ライオスだけなくナマリやシュローが戦闘に参加して竜と戦っていましたが、今の状態ではチルチャックは戦闘に参加する気は無く、確かに戦力に不安が残ります。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第24炎竜2

ついに姿を現した炎竜に、事前に立てた作戦に従って各々行動に移ります。マルシルは多々物の間にまたがる橋を壊す魔法陣を準備して、建物の中で待機します。ライオス、センシ、チルチャックは炎竜を誘導しつつ、通路を逃げ回りながら目的の建物まで全力で走ります。そして、事前に打ち合わせした直線の通路で炎竜に火を吐かせて、炎竜の体内の燃料を排出させます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第25炎竜3

建物の下敷きにして炎竜を身動き出来ないようにする作戦でしたが、炎竜には全く効かず作戦は全て失敗してしまいます。さらに、炎竜の腹部にもぐりこんだまま出ることも出来ず、八方ふさがりの状況です。この状況でセンシは、ライオスに腹をくくれ!と言うと、一か八かで離れた場所に落ちているライオスの剣を拾おうとします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第26炎竜4

ライオスは自分の片足を犠牲にして、見事炎竜の逆鱗に剣を突き立て、炎竜を倒すことに成功します。早く食べられたファリンを助けたいと思っていると、ライオスは両親と一緒に住んでいた子供の頃のことを思い出します。子供の頃、ライオスは村人たちが墓場に幽霊が出ると言う噂を聞いて、ファリンと一緒に幽霊を見に行こうとします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

子どもの頃の回想から場面変わって炎竜を倒した直後のマルシルは、重症のチルチャックとセンシを回復魔法で治します。しかし、マルシルの回復魔法で治すと回復痛がかなりひどいようで、チルチャックは一応治りますが頭をおさえて悶絶します。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第27炎竜5

炎竜の体内からファリンの骨が見つかりますが、完全に白骨化していてファリンの骨を蘇生所に連れて行っても蘇生は失敗する可能性が高いそうです。組成を成功するにはマルシルはここに蘇生術師を連れてきて、さらに大量の血肉を運んできてここで蘇生する必要があると言います。しかし、地上から運んでくるのは現実的ではないとチルチャックが指摘しようとすると、マルシルは炎竜の血肉ならすぐそこに山ほどあると言います。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

第28炎竜6

チルチャックやセンシからは反対されましたが、マルシルが古代魔術を使用して無事、ファリンを蘇生する事に成功します。ファリンは記憶が混乱していて、自分が死んだこともよく覚えておらず、何故こんな所に居るのか、蘇生した時にかかれていた魔法陣は何のかマルシルに真剣に質問します。しかし、今となっちゃ全部笑い話だよ、だって何もかもうまくいったから!といった感じで、適当な感じでごまかします。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

おまけ モンスターよもやま話-4-

コミックのおまけ、モンスターよもやま話の4です。今回は、

・大ガエル

・テンタクルス

・人魚

・魚人

・ウンディーネ

・魔狼(ワーグ)

・レッドドラゴン

のよもやま話が収録されています。

ウンディーネの話では、第20話でウンディーネを煮込んだシチューを食べましたが、生物には魔力を貯蓄できる限界があって、その限界を超えた場合魔力は排出されるそうです。エルフは人種の中では最も限界が高いとマルシルは言い、ドワーフはあまり限界が高くないようです。そしてシチューにはふんだんに魔力が含まれていたようで、センシは屁が止まらなくなり、ナマリも腹の調子がおかしくなったようです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 4巻より

まとめ

とうとうダンジョン飯を食ってまで迷宮に潜っていた目的の炎竜との対決です。1巻まるごと使っています。炎竜との対決でも、ど派手で強力な魔法などで倒すのではなく、作戦を立てたり(結局、作戦は失敗しますが)いろいろ工夫したりと、読みごたえ十分でした。

そして、今まではダンジョン飯を作りながら迷宮を潜っていく感じで、大きな話の流れはあまりない感じでしたが、西のエルフとか、狂乱の魔術師とか大きなストーリーが見えてきた気がします。今後この辺りのストーリーの展開にも期待です。

5巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

ハルタで連載中のダンジョン飯の5巻が発売されました。 今回は第29話から第35話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもやま...

ダンジョン飯、4巻 発売中です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る