【ネタバレ】五等分の花嫁 113話 『最後の祭りが風太郎の場合』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2020年1号に掲載されている五等分の花嫁 113話のネタバレ、感想です。

前回 112話の記事はこちらです。五つ子たち全員で、後夜祭を楽しみます。

週刊少年マガジン 2019年52号に掲載されている五等分の花嫁 112話のネタバレ、感想です。 前回 111話の記事はこちらで...

スポンサーリンク
google adsense

風太郎の決断

高校生、最後の学園祭ももうじき終わり

学園祭も終わりの頃に、風太郎は前田、武田と一緒に話をしています。同じクラスの浅野が学園祭中に他のクラスの子と付き合いだしたという話題から、入試直前の大事な時期に色恋は迂闊だと武田が言うと、前田がそうなのかと落ち込みます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

学園祭が終わる寂しさを感じながら、せっかくだからいつまでもこんなところに座っていないで屋台に食いに行こうと前田が言うと、風太郎も行けずじまいの店があったと賛成します。そして、それが終わったら俺は会う約束をしている奴がいると言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

その話題から五つ子たちの話になり、武田は風太郎に五つ子たちを当然見分けられるんだろう?と質問します。風太郎は自信がないなと、できると思う…、やったことはないが、とぼかして返事をします。しかし、武田から一体、彼女たちの誰から見分けられるようになったんだいと聞かれ、前田からは五つ子の誰かを好きなのかと核心に迫る質問されます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

風太郎が無言のままでいると、前田が突然今から告白にしに行くと叫び、風太郎にも覚悟を決めるように迫ります。しかし、武田から学生の本分は学業にあると、告白を否定するようなセリフが出てきます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

それを聞いた風太郎は自分も学生の本分は学業で、それ以外は不要だと信じて生きてきたが、それ以外を捨てる必要はなかったと言います。そして五つ子たちはそれ以外に常に全力投球だった、きっと昔のままの俺なら今 この瞬間も一人だったかもな、と風太郎は呟きます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

休憩所で休む女子を見ながら、風太郎達、三人は屋台に向かい最後まで学園祭を楽しみます。

場面変わって、五月が風太郎に五人がそれぞれいる教室を教えています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

後夜祭、終了

五月はこの提案が逆に風太郎を困らせてしまうことはわかっているが、これが私たちの覚悟、どうか それを理解してほしいと言います。それぞれの教室で待つ五つ子たち、そして後夜祭を含め全てのスケジュールを終了すると言うアナウンスが流れる中、風太郎は覚悟を決めて、教室の扉の前に立ちます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

教室の扉を開ける風太郎、五月は風太郎の名前を呼び、一花はやるじゃん フータロー君と言っています。四葉は何かに気付いたようで、声をあげています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

三玖は二乃の教室を訪れ、終わったよと二乃に話しかけています。一花は屋上で一人外を眺めながら、あの時にはもう心を決めていたんだね、と振り返っています。さらにスマホを探しに走り出す四葉のシーンがあります。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

さらに二乃は目に涙をためていて、その後抱き合う二乃と三玖のシーンと、一花が屋上でうつむいてるシーンがあります。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

風太郎が選んだのは

五月がこれからですよ 上杉君、と言った直後に、保健室のベッドでスマホを見つけた四葉とその四葉に話しかける風太郎が描かれます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

話しかけられた四葉は頬を赤らめ照れています。そんな四葉に風太郎は待たせたなと話しかけます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 113話より

まとめ

後夜祭が終わった後に、風太郎が会いに行ったのは四葉でした。しかし四葉は最初校庭にいて、スマホを探しに保健室に走って向かいましたが、これは最初から保健室にいる設定だったのか、それとも最初は校庭にいる設定だったけど四葉が急遽 保健室に行って、しかし風太郎はそれをお見通しだったのか。

どちらにしろ、今回の話の流れを見る限り風太郎が選んだのは四葉で確定だと思います。ここからひっくり返るのは、さすがに無いと思いますが、101話で風太郎が言っていた「誰も選ばない それが俺の答えだ」の解釈は来週辺りであるのかな?これで未来の花嫁が確定となると、五等分の花嫁の最終回も近いのでしょうか。そうだとすると、非常に寂しいですね。

そして春場ねぎ先生のtwitterで、五等分の花嫁の最終巻が14巻だと明言されています。最終回も近いようです。

次回、自分に会いに来た風太郎に驚きつつも、風太郎との出会いからを思い出します。

週刊少年マガジン 2020年2・3号 合併号に掲載されている五等分の花嫁 114話のネタバレ、感想です。 前回 113話の記事...

コミック12巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

発売中のコミック1巻~12巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、10巻が発売されました。第78話から第86話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、11巻が発売されました。第87話から第95話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第96話から第104話まで掲載されていま...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. K.T より:

    俺はてっきり五月かと思ってたけど
    四葉と言われればソレはソレで納得できる部分もあるわ。
    四葉が居なければ家庭教師も初日辺りで終わってただろうし、
    風太郎は勉強しか興味を持たない人間になってたかも知れないから。

    でもまだ何か一波乱がありそうな気がする。
    四葉も嬉しい筈なのに
    「私じゃ無く他の子を選んで」とか言いだしそう。

    • 管理人 より:

      そうですね。
      それに、五月は四葉に協力する形で麗奈の変装をしていた事が90話で描かれてましたし、四葉の幸せを優先したと解釈できるかと。

      四葉はそんな感じのセリフいいそうですね。そうなると、まだ話は続くかな?

    • より:

      四葉が姉妹に気を使って断るのは有り得ますが、それで風太郎が他の姉妹に行くかと言えば、そんないい加減な決意で四葉の所に行ったんではないだろうし、姉妹だって四葉がそんな事したら怒りますよ。
      プロ野球のドラフトの外れ一位じゃないし。
      二乃とか「ふざけんじゃないわよ」とか言いそう。
      逆に姉妹は四葉を風太郎とくっ付ける方に邁進する気が。

      • 管理人 より:

        確かに風太郎がそんな断り方をしたら、他の四人が怒りそうですね。
        どのような展開で未来の花嫁が確定するか、楽しみです。

  2. やっぱり三玖推し より:

    四葉が鐘キスをする必然性を考えようと、あらためてスクランブルエッグシリーズを読み返しましたが、68話冒頭で今更ながら気になる場面に気づきました。
    未来の結婚式場で「誓いのキスを-」と花嫁のヴェールを上げたコマの次に(未来の)らいはの顔→目のアップ→温泉でのらいはの目のアップ→らいはの顔→四葉と会話。
    これって、らいはが結婚式で温泉での四葉を思い出してるってことでしょうか?
    すでにご指摘されてれば忘れてください。三玖推しとしては、「当たりタックル」の興奮マックスでスルーしてました。
    で、鐘キスですが、五月の姿でも風太郎は分かってると信じる三玖と思ってましたが、五月の隠れ蓑でこっそりという見方では四葉しかいないかと。好きという四葉的には禁断の気持ちを持っているとはいえ、突発的に行動を起こす動機はまだ読めてません。

    • 管理人 より:

      68話、私も見直しましたが確かに、温泉での出来事を思い出しているととれる表現ですね。
      本当に伏線だったら、結構すごいですね。

      今回四葉を風太郎が選んだこともありますし、このまま順当にいけば鐘キスも四葉なんでしょうね。

  3. まだまだ続くと思っていた より:

    表題の五等分の意味する所が何なのか?気になります。
    四葉を選ぶだけなら五分の一の花嫁になるはずです。
    ウエディングドレスが大量にあったシーンもありましたし、まだ、回収されていない伏線があるはずです。
    ただ、五月が主人公を恋愛対象として好きという感情が他の姉妹に比べると弱い。このまま友人のような関係で終わってしまうのはいかがなものかと思っております。もったいない気がしてなりません。

    • 管理人 より:

      そうですね、32話の「結びの伝説 2000日目」で出てた大量のウエディングドレスの表現が何をさすかもまだ分からないし、まだまだ五等分の花嫁続いて欲しいです。
      会場のスタッフが手配ミスでしょうか?って言うぐらい、たくさんのウエディングドレスがあったから、五つ子たち全員用のウエディングドレスとも受け取れますが、この先どういう展開になるか楽しみです。

  4. K.T より:

    作者のtwitterによると
    「五等分の花嫁は14巻で終わりです!」との事。
    って事は最終回のネームは少なくとも終わってるんだね。

    島本和彦先生が週刊漫画では掲載の2か月ほど前には
    原稿は終わらせてるって言ってたからね。

    • 管理人 より:

      ホントですね~、春場ねぎ先生のtwitterで明言していますね。
      最終巻が14巻という事は、1、2月辺りで最終回なのかな。

      アニメ二期もまだ控えてるのに最終回を迎えるのは、悲しいです。

  5. 007 より:

    一番最初に見分けられたのは誰かと考えながら最初から見直してると、3巻18話で起き抜けに三玖に変装した五月をほぼノーヒント(三玖本人は部屋で寝てるので1/4の確率)で当ててるんですよね。
    私個人が五月推しだからそこのシーンに目が行っただけかもしれませんが(諦めが悪い
    とりあえず次週以降確定したら涙を流しながら素直にお祝いします

    • 管理人 より:

      他の方の意見を見ていると、結構113話のラストで四葉確定はミスリードだと言う意見多いですね。
      113話がおそらく13巻のラストの話で、114話以降が最終巻の14巻収録だから、まだ114話以降でも一波乱あるはず(14巻で1度も波乱、どんでん返しが起きないはずがない)。
      だから、四葉以外の可能性もまだある、という考えです。あくまで一つの考えで、外れている可能性もありますが。

      色々推測、意見あるようですが、私も未来の花嫁が確定したら素直にお祝いします。

  6. 006 より:

    残話数もそうだし、どう考えても五月でしょ☆

    • 管理人 より:

      五月派も多いですね。
      四葉の性格からすると、嬉しいけど自分は辞退する可能性が高いって意見も多いですし。

      春場ねぎ先生が最終巻が14巻と明言したこともあってか、いろんな所でちょっとした話題になっていますね。

      • 006 より:

        管理人様コメントありがとうございます☆
        私の粗悪な投稿にも心温まるご返信嬉しいです。この作品だからこそ、まだまだ期待しちゃいますね。風太郎含めてひとりひとり愛情を注いでる作者も大好きです。初コメしました。いつも楽しみに拝読しております。このサイトのファンである私は最後までアツい記事を期待し応援致します( ¨̮ )

        • 管理人 より:

          いえいえ、ありがとうございます。

          まだ最終回まで回は残ってますし、五等分の花嫁という作品に期待しましょう。

    • より:

      残りは十話も無いだろうから、何事も無ければ四葉でおさまりますが。
      どんでん返しが有るとすれば、五つ子の中で恋愛感情の薄い五月になりそう。
      ただ、回り回って結局四葉って気も。 最初断ったのに、他の姉妹が風太郎と付き合ってるのに耐えられなくなって、最後には自分の本心を言ってしまいそうな。
      「やっと素直になったわね」と言われたりして。

      • 管理人 より:

        もう一度どんでん返しがあるか、それともこのまま後日談的なお話に終始するか、どちらにしろ残り数話程度でしょうが、期待です。

  7. やっぱ三玖推し より:

    明日を待てばいい話ですが、週末に某ゲーム後段作戦開放待ち(提督にしかわからない話ですいません)に113話の熟読と過去話検証してみました。

    ①結局、ジュースを買ったんですね
    一花の「あの時には心を決めていただんだね」のセリフとオレンジジュースのカット。ジュース=四葉はわかるが、102話では「買わなきゃ済む話」で手ぶらで帰ったはずでは。と思いきや、113話の風太郎が一花にキスされた驚きで尻もちをついてる回想のコマ、右手に缶を持ってます。102話で風太郎の「何だよその上から目線」のセリフのコマの一花の目線、照れで視線を外したのではなく、風太郎の右手=ジュースを見ていると思われます。この前提だと、102話エンドの一花のコメントは、自分が選ばれない確信とそれでも諦めきれない気持ちに聞こえてしまいます。

    ②昔のままの俺なら今 この瞬間も一人だったかも
    クラスに溶け込めたのは学級委員を務めたから、そのきっかけを作ったのは四葉。更に、86話で「お前(零奈)に会わなければずっと一人だったかもしれない、お前のおかげで今の自分がある」と言ってます。相手は五月が扮する零奈ですが、この時には風太郎は零奈=四葉と感ずいていたのではと推測します。この辺は次に続けます。
    話は逸れて、91話の海水浴は、風太郎にとって五つ子の存在の大きさを再認識しますが、一方でクラスに溶け込んでいることを自覚、そうなるに至った四葉の存在を認識するきっかけ、の伏線と勝手に妄想しています。

    ③見分ける=変装を見破る、ではない
    風太郎にとって見分けるとは京都の子を特定する、と推測しました。34話で京都の子は五つ子の誰かにたどり着いています。その後、気になるのは37話の勤労感謝デートで四葉がブランコから飛び降りるシーン、四葉の顔がアップになり割り込む形で風太郎の驚く顔があります。これは四葉の飛び降りに驚いたのはなく、京都の子の面影を感じ取ったのではないかと思います。更に42話で零奈に五つ子の一人一人を語るシーン。四葉について、「いや、俺の思い過ごしか」と言っており、意味深です。

    ④四葉への感謝の念
    107話で「ありがとな、お前がいてくれてよかった」。学園祭での働きだけなら、お前がいてくれて助かった、となるはずです。86話でも零奈に向かって「ありがとな」と言ってます。斜め読みだし、四葉中心に回顧してるので見落としてるかもしれませんが、風太郎がその存在に感謝してるのは四葉だけです。

    ⑤四葉が選ばれたことを他の姉妹はどうやって知ったのでしょうか
    112話で各々が違う方向に、三玖にいたっては違うフロアに分かれています。初日の15時集合と同じように、風太郎が一斉メール送信したと予想します。それも五月から各々が違う部屋で待つ提案をされた際に風太郎が逆提案したと思われます。なので、四葉が保健室にスマホを取りに帰るのも、単に忘れたからではなく、そのメールのチェックをしたかったからではないかと。で、メールの内容は予想はつきませんが、おーっという内容と予想します。四葉を選ぶだけで一花が「やるじゃん」とは言わないかと。

    ⑥最後のシリーズは四葉の葛藤と姉妹の亀裂と絆の取り戻し
    予想してる人は多いですが、姉妹に迷惑をかけてる思いが強い四葉なので、嬉しいけれど姉妹に申し訳ない気持ちの葛藤に悩み、それを克服するシリーズと予想します。他の姉妹も頭では理解しても心の整理が追い付けず、大事な入試前に姉妹の亀裂が生じるのではないかと。ここでのまとめ役はやはり五月でしょう。なるほど、ここで風太郎への恋愛感情が無く、母の代わりを自認するキャラが1枚必要になるはず。

    ⑦最後に、前田君GJ
    「覚悟を決めやがれ」は風太郎には背中をバンと叩かれた気持ちでしょうね。風太郎と五つ子たちのイベントを知らないとしても、前田君、いい仕事してます。それにしても、これから告りに行くとは、まだ松井さんと正式に付き合ってなかったのですね。

    長くなりすいません。明日になればわかる話ですが、居ても立っても居られなくなったので徒然なるままに書いてしまいました。おやすみなさい。

    • 管理人 より:

      検証、ありがとうございます。

      過去話を見返してみると、結構その後の話に繋がる部分がありますね。
      次話以降の話でどう展開するか、楽しみに待ちましょう。

  8. Caster より:

    初めてコメントします。

    修学旅行で五姉妹が伏見稲荷の階段を上る途中で二乃が写真を撮っている場面と、6年前に清水寺で風太郎が写真を撮ろうとした際に覗き込んで来た場面での四葉のピースの仕方が似ている気がします。

    ピースの仕方ってだいたいは定番の形になりますが、特徴ある人は目立ちますからね。写真をちゃんと撮影した描写はありませんが、6年前のあの瞬間は風太郎の脳裏に焼き付いている可能性があります。

    • 管理人 より:

      はじめまして、Casterさん。

      確かに京都の修学旅行で、似てるピースをしてますね。
      6年前の修学旅行の時は、風太郎はカメラのファインダー越しに見ていたから記憶に残りやすかったかもしれませんね。

トップへ戻る