【ネタバレ】ヒナまつり 第九十三話『三嶋瞳のお泊り大作戦』の感想

ハルタ 2019年 volume 69に掲載されているヒナまつり 九十三話のネタバレ、感想です。

前話、九十二話の記事です。ネオセントラルパーク、活動を開始します。

ハルタ 2019年 volume 68に掲載されているヒナまつり 九十二話のネタバレ、感想です。 前話、九十一話の記事です。新...

スポンサーリンク
google adsense

乙女心は複雑

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

新田の報告に瞳は上機嫌

プライベートジェットで日本に帰国した瞳は、アツシやヒナ達がネオセントラルパークを結成し、活動を始めた事に上機嫌です。このままアツシがネオセントラルパークのライブを成功させれば、超人会と関わってしまう未来を変えられると瞳は考え、ハデな大舞台を用意してライブを成功させる手助けをしようと新田に話します。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

新田は瞳を閣下と呼び、しもべの様に振る舞いますが、瞳は新田に閣下と呼ぶ与野は病めるように言います。しかし新田は娘の同級生に実績とプライドを粉々にされ、なけなしのプライドを守るために道化の振る舞いをしていると言いながら笑います。自分を自虐する新田を前に、瞳は言葉を失いそれ以上何も言えなくなってしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

母親のアドバイス

母のいる自宅に一旦寄った瞳は母親に、ひとりの男性のプライドを粉々にしてしまった、気まずいと悩みを打ち明けます。母親からどうしたいと言われ、瞳は新田を信頼しているし、元の状態に戻れたらと思っていると言うと、ネトゲで姫プレイをして貢がせるような母親は男の扱いが下手そうだと瞳に忠告します。見合い婚の母親から男の扱いが下手と言われ、瞳は釈然としないものを感じます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

しかし本当に困っている瞳はわらにもすがる思いで、母親にアドバイスを求めます。すると、家庭的な所を見せて相手を褒め自分の弱みを見せろ、ベタとギャップよ~と母親は男の落とし方みたいなアドバイスを言ってきます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

新田の自宅に泊まる

そのアドバイスに従う事にした瞳は、ホテルでは家庭的なところを見せるのは難しいと感じ新田の自宅に泊まり込んで、そこで家庭的なところを見せつつ、新田を褒める作戦に出ます。ヒナも早くアツシを満足させたいから別にいいんじゃないと言うので、瞳は新田の自宅に上がり早速夕食を作ってあげようとします。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

しかしそこには八十九話で新田家の一員になった、元マネキンの新田人形が夕食の準備を既にしていました。マネキンが夕食を作っている状況についていけない瞳は無言で固まってしまいますが、新田とヒナは当然のように家事はせず仕事に集中するように瞳に言います。

ハルタ 2019年 volume 65に掲載されているヒナまつり 八十九話のネタバレ、感想です。 前話、八十八話の記事です。瞳...

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

このおかしな状況を受け入れている新田家の人々に戦慄しながらも、瞳は何とか家庭的なところを見せようと新田人形に料理を代わってくれるようにお願いします。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

しかし喋れない新田人形は瞳を無視して、料理を続けます。マネキンに話しかけあまつさえ無視されたことにショックを受ける瞳ですが、新田人形はヒナが超能力で動かしている事を説明されると一応納得します。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

新田から料理をする必要はないと言われますが、何とか料理がしたいと瞳が言うと、新田は他人にキッチン周りをいじられたくないと面倒くさいことを言い出します。新田人形がする分にはいいのかと瞳は指摘しますが、新田人形はヒナが新田自身の行動をシミュレートしているので、新田人形はいいと言います。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

新田人形が作った料理は新田をシミュレートしているだけあっておいしく、自分の料理で家庭的なところを見せるのは無理と悟ります。そこで次は新田を褒める作戦を行いますが、料理を作ったのはマネキンだと言われ、さらにマネキンに自分を褒めろと言わんばかりの態度をとられます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

その後も新田の資料が分かりやすいとか、仕事の手腕が見事だとか褒め倒しますが、新田には全く届かず瞳はむなしさを感じます。母親のアドバイスの残りは自分の弱みを見せる事ですが、瞳は弱さってなんだ…?と考え込んでしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

その時、マオからスマホに鬼のような着が来ている事に気付き、SNSのメッセージからマオがドラマに出演している事に気付きます。マオのドラマを見て、マオがあざとい演技をしていると思いつつも、瞳はこれが弱さかと気付きます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

早速、瞳は自分がおかれている過酷な状況を新田の前で訴え、つらいよ~と自分の弱みをアピールします。そんなアピールをしていると新田が瞳の背中をさすって、気にする素振りを見せます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

弱さアピールが成功したと喜んだ瞳は新田の方を見ますが、そこにいたのは新田人形の方でした。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

怒った瞳は新田人形を操作しているヒナに抗議に行きますが、ヒナは困惑するのみでゲームの方が気になっています。訳の分からない状況に、とうとう新田と元の関係に戻りたいだけなのにと瞳は泣き出してしまいます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

が、瞳が口走ったそのセリフを偶然廊下にいた新田に聞かれてしまいます。恥ずかしいセリフを聞かれてしまい赤面する瞳ですが、新田は自分も大人げなかったと反省します。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

そして新田は元通りで行こうと、閣下としてではなくヒナの同級生の瞳として扱い、昔の元の関係に戻ろうと言います。満面の笑みで頷く瞳です。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

元の関係に戻れてゴキゲンの瞳に、ヒナは…

アツシの為に半年後に大型野外フェスを開催する事も決定し、仕事と新田の機嫌、両方上手く言ったと上機嫌の瞳は、ヒナと一緒にお風呂に入っています。新田の家に泊まるのも最後だからと一緒にお風呂に入ったのですが、ヒナはそこで瞳に新田の事を好きなのかと質問します。いきなりの質問に驚き、全力で否定する瞳です。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

瞳はヒナから見て自分が新田に好意を持っていたように見えていた事に、父親が同級生から好かれてたらイヤだったかな?、とヒナに確認します。ヒナは別にそれはいい、と気にしていないと言いますが、歳の差は考えた方がいいよと瞳はヒナから忠告を受けます。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

場面変わって、瞳は再び日本からアメリカに向かいますが、玄関を出るときに新田はあくまで友達の父親ってだけだからと瞳は頬を赤らめながら、念を押します。新田は気付かず、知ってますけどと呟きますが、乙女心は複雑なんだぜ、とヒナは新田に言います。

© 大武政夫 ヒナまつり 93話より

まとめ

前回で未来を変えるべくネオセントラルパークが活動を開始しますが、その報告を受けた瞳が久々に日本に帰国します。超人会に関わってしまう未来が変わると喜ぶ瞳です。しかし新田のプライドを粉々にして、新田との関係が気まずくなっている事に悩み、何とかしようと瞳は奮闘します。仕事はパーフェクトにこなせる瞳ですが、新田のプライドを上手くくすぐる事が出来ず瞳は悪戦苦闘します。結局、最後は本音を新田に聞かれたところから元の関係に戻れましたが、瞳の新田への好意は前よりも大きくなったようです。

ヒナまつり、最新刊17巻は発売中です。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る