【ネタバレ】呪術廻戦 8巻 懐玉 のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の8巻 懐玉 の感想、ネタバレです。

8巻は、第62話から第70話まで掲載されています。

 

前巻、7巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 7巻 起首雷同 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の7巻 起首雷同 の感想、ネタバレです。 7巻は、第53話から第61話まで掲載されています。 7巻 7巻の表紙は、脹相です。 © 芥見下々 呪術廻戦 7巻より 第53話 完遂 ...

 

スポンサーリンク

8

8巻の表紙は、伏黒甚爾です。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第62起首雷同-捌-

釘宮は血塗に黒閃を決め、その直後「簪(かんざし)」で血塗に止めを刺します。虎杖は残った壊相に追撃を加えようとしますが、壊相の涙を見て一瞬追撃の手が止まります。さらに釘宮は血塗が呪霊でなく肉体があると分かり、釘宮の手も一瞬止まります。壊相はその隙を突いて、偶然通りかかったトラックを強奪し逃走を図ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第63共犯

伏黒は宿儺の受肉がキッカケで、八十八橋の呪殺が始まったことに気付いていましたが、虎杖への影響を考え、虎杖には言わないように釘宮に念押しします。しかし、自分が宿儺の指を飲み込んだ影響で八十八橋の特級呪霊が目覚めたと宿儺から既に知らされていて、虎杖は複雑な思いを抱きます。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

 

そして事件が終わった後、虎杖、伏黒、釘崎、真希、パンダの五名は、東堂と冥冥の両名の推薦で1級術師に推挙されます。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第64そういうこと

任務終わりに釘宮が町をプラプラしていると、虎杖の中学時代の同級生という女性・優子に声を掛けられます。優子は中学の時の時のある出来事がきっかけで虎杖の事が好きになり、東京でさっき虎杖を見かけ、今の私ならもしかしたらなんて…、という気持ちになり、釘宮に相談を持ち掛けていました。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第65懐玉

懐玉編より舞台は五条が学生時代の頃に移ります。冥冥と歌姫は任務である屋敷を訪れていましたが、呪霊の結界によって閉じ込められてしました。冥冥と歌姫は二手に分かれて脱出を試みようとしていましたが、そこに五条と夏油が助けに来ます。五条は術式・無下限呪術を使ってあっさりと冥冥と歌姫を呪霊の結界から救いますが、帳を忘れていたため一般人に見られてしまい騒動になってしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第66懐玉-弐-

五条と夏油は夜蛾から、天元との適合者、“星漿体”・天内理子の同化当日までの護衛と末梢の任務を命じられます。天内は呪詛師集団「Q」と、盤星教「時の器の回」から命を狙われていて、五条と夏油は天内を護衛する為に迎えに行きます。しかし、天内は既にQの襲撃を受けていて、天内はQの戦闘員に殺されそうになっていました。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第67懐玉-参-

五条と夏油はQの戦闘員をあっさりと返り討ちにすると、Qの最高戦力バイエルはそのままリタイヤ、組織も瓦解し天内は無事保護されます。同化の直前まで家族や友人と過ごしたいという天内の要望により、天内は学校に通いますが、学校でも懸賞金目当ての呪詛師に襲撃されてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第68懐玉-肆-

学校を襲撃した呪詛師は2人いて、そのうちの式神使いの呪詛師は夏油が瞬殺し捕縛します。五条は礼拝堂へ、メイドの黒井は音楽室へ天内を探しに行きますが、礼拝堂にはもう一人の呪詛師が迫っていました。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第69懐玉-伍-

礼拝堂にいた天内は五条が無事、保護し、礼拝堂を襲撃しようとしていた呪詛師も五条が術式・無下限呪術を使って瞬殺します。学校を襲撃した呪詛師は全て捕縛しましたが、黒井が別の敵に拉致されてしまい、黒井を人質に取引を要求してきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

第70懐玉-陸-

敵は取引場所に沖縄を指定し、黒井を救出する為、五条・夏油・天内は沖縄へと向かいます。沖縄到着後、あっという間に黒井を救出、拉致犯を捕縛した五条達は、そのまま沖縄で海水浴をして沖縄の海を満喫し、翌日朝まで沖縄を観光します。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

おまけ 巻き込まれたオッサンのその後

第62話で巻き込まれたトラックのオッサン、二人ですが、あの後家入さんに傷を治してもらって、ちゃんと無事に帰っています。そして虎杖達は、任務の危険度が上がったのに撤退せずに勝手に呪いを祓いに行ったという事で、夜蛾に怒られています。

© 芥見下々 呪術廻戦 8巻より

まとめ

8巻では、起首雷同編の続きから終わりまでと、五条と夏油の過去編となる懐玉編が描かれています。

起首雷同編では、特級呪物である呪胎九相図の壊相・血塗が虎杖、釘宮と戦い、結果的に圧勝しています。壊相・血塗が虎杖、釘宮に殺されたことにより、兄の脹相は虎杖と釘宮を弟の仇として今後、執拗に狙うようになります。懐玉編では、五条と夏油の学生時代が描かれています。この頃の五条も十分強いですがまだ最強ではなく、五条は何がきっかけで呪術界・最強となるか、が今後描かれていきます。

 

9巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 9巻 玉折 のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の9巻 玉折 の感想、ネタバレです。 9巻は、第71話から第79話まで掲載されています。 前巻、8巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 9巻 9巻の表紙は、夏油...

 

8巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました