【ネタバレ】五等分の花嫁 97話 『変わり始める日常』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2019年36・37号に掲載されている五等分の花嫁 97話のネタバレ、感想です。

前回 96話の記事はこちらです。学園祭に向けての準備が始まります。

週刊少年マガジン 2019年35号に掲載されている五等分の花嫁 96話のネタバレ、感想です。 前回 95話の記事はこちらです。...

スポンサーリンク
google adsense

父親への招待状

今週は祝、連載2周年で五等分の花嫁は巻頭カラーです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

屋台のメニューで女子組と男子組対立

前回、学園祭に向けてクラスで屋台のメニューを話しあっていましたが、たこ焼きとパンケーキ、どちらがいいかでクラス内で対決が起きています。女子組はパンケーキを推していて、男子組はたこ焼きを推していますが、二乃と三玖が板挟みになっています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

二乃もパンケーキが好きなようですが、最初にたこ焼きに一票を投票した手前、最後まで責任を持つと言い、男子組と一緒のたこ焼きに賛成しています。しかし二乃はかなりきつめの言い方で、女子組に言い返していますが、大丈夫でしょうか。思わぬクラス内での対立に困惑する風太郎と四葉ですが、そこに五月が何か相談したげな様子で近づいてきますが、結局学園祭を頑張りましょうと誤魔化して、相談はしません。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

三玖のパンケーキの理由

思わぬクラス内での対立に困惑しているのは、二乃と三玖も同じです。二乃はなんでパンケーキなんて言い出したのか三玖に質問すると、風太郎の母親がよくパンを作ってくれていたのを思い出していたら、昔五つ子たちが食べたパンケーキの事を思い出して、言い出したそうです。

一方、二乃にとってもパンケーキは思い入れがあり、また初めて挑戦した料理だそうで、昔父親にパンケーキのお店に連れていってほしいとお願いしたことがあるぐらい、思い入れがあるそうです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

二乃、女子から恨まれ

三玖から、女子組への言い方が直球過ぎると言われますが、二乃は陰でコソコソするのは嫌だと言い、もし嫌味の一つでも言われたらその時は遠慮しない、受けて立つと強気です。しかし噂をしているそばから、女子3人組が遠くから二乃の方を睨んでいて恨みを買ってしまっているようです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

五月の悩み

場面変わって二乃と五月が下駄箱で会い、二乃は一緒に帰る人を探している最中でした。五月はこれから直接塾に向かうので一緒に帰れないと言い、二乃は真面目ねと別の人を探しに行こうとします。その時、五月は二乃に入試判定はどうだったか聞きますが、二乃は受けるところを選んでいたため「B」と悪くなかったと答えます。すると五月から変な声が漏れてきます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

思いつめた顔で変な声を漏らす五月に、心配して声をかける二乃ですが、どうやら入試判定が「D」でお先真っ暗、学校の先生なんて夢のまた夢と取り乱してしまったようです。取り乱す五月を、なんとか落ち着かせようと必死の二乃です。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

落ち着いた五月ですが、忙しそうな風太郎には申し訳ないと相談しておらず、先生からは一度、親と相談した方が良いと助言されています。二乃が相談できる親もいないかと父親の事を突き放すように言うと、五月はこれ以上父親に心配かけたくない、という意味だと言います。五月はここまで成長できたのはお父さんのおかげだと、最近はそう思えるようになってきたようで、墓参りの時の花も父親が備えてくれたものだと信じているようです。結局、入試判定の結果の相談は、五月が塾の先生にするという事で落ち着きます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

学園祭への招待状

学園祭の準備も進んでいるある日、四葉は以前言われた招待状を用意していると、二乃に言いますが二乃はやっぱやめとくと言います。父親を呼ぼうなんて一時の気の迷いだったと二乃は言い、呼んだところでどうせ来ないと父親を批判します。二乃と四葉が歩いていると、階段の先に二乃を睨んでいた女子3人組がいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

二乃は面倒を回避しようと別の方向に歩いて行こうとしますが、3人は風太郎と話しています。二乃が男子組の中にいて媚びを売っているのは、男子の誰かを狙っているに違いないという内容でした。しかし、風太郎は勘違いだと断言したこ焼き派の中に、二乃の意中の相手はいないから安心するようにクラスメイトの女子に話します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

女子からなんで風太郎にそんなことわかるのかと言われますが、風太郎は精一杯笑顔を作りながら、二乃が好きなのは俺だから、女子が思っているようにたこ焼き派の中の男子を狙っていないから仲良くしてやってくれと言い放ちます。さすがに唖然とする女子3人と二乃と四葉ですが、二乃は風太郎が自分を陰で庇ってくれていてうれしそうです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

しかし女子3人からは風太郎の妄想だと思われ、ドン引きされます。その設定は二乃がかわいそうだとまで言われてしまい、風太郎は必死で妄想でないと主張しますが、無駄そうです。四葉はその場面を見て、二乃に陰でコソコソするのも何か理由があるからで悪くないよと、父親にも理由があるのだと父親をフォローします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

それを聞いた二乃は幼い頃、パンケーキのお店に連れていってもらえなかった時の頃を思い出します。がっかりしますがその後、父親は二乃にパンケーキを作る道具一式や、スフレパンケーキの本を用意しています。その時の事を思い出し、二乃は父親に招待状を出すことを決意し、四葉に招待状の文面を一緒に考えて欲しいとお願いします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

三玖、風太郎とデート

場面変わって、私服姿の三玖は頑張るぞ…!!と気合を入れて外出します。そして三玖は心の中で、「フータローと…デート」と呟きます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 97話より

まとめ

今回で五等分の花嫁も2周年で、巻頭カラーから始まっています。

そして学園祭の準備ですが、屋台のメニュー決めからクラス内での対立に発展してしまい、二乃と三玖は何故か巻き込まれてしまいます。さらに二乃はクラスメイトの女子から恨まれてしまいますが、風太郎は自分が妄想している痛い奴だと思われてまで、二乃の誤解を解こうとします。結果的には信じてもらえてませんが、これで二乃がたこ焼き派の男子を狙っているという誤解は解けたんでしょうか?そしてこの件がきっかけとなり、父親へのわだかまりも少しはとけたのか、父親へ招待状を出すことを二乃は決めます。

五月に関しては、やはり入試判定が「D」というのを悩んでいたようです。大分追い詰められているようですが、とりあえず塾の先生に相談するという事で落ち着いたようです。しかし、塾でお世話になっている先生の下田さんとは、やはり57話 「最後の試験が五月の場合」で出た下田さんでしょうね。

週刊少年マガジン 2018年45号に掲載されている五等分の花嫁 57話のネタバレ、感想です。 前回 56話の記事はこちらです。...

今回はいろいろありましたが、最後に三玖がフータローとデートだとさらっと言っていますが、いつの間にデートの約束を?

次回は今週号が合併号なので、8月21日(水)発売予定の週刊少年マガジン 2019年38号に掲載予定です。

五等分の花嫁 キャラクターブック発売決定

連載2周年に合わせて週刊少年マガジン 2019年36・37号上で発表されていましたが、アニメや展覧会など様々な企画も進行中ですが、五等分の花嫁 キャラクターブックの発売日が決定しました。

五つ子それぞれの魅力に迫った特集記事など、五つ子たちの魅力が詰まったキャラクターブックになっていて、一花から五月まで五人全員分が発売されるようようです。以下、それぞれ発売(予定)日です。一花のキャラクターブックが発売された後、一カ月ごとに発売される予定のようです。

一花 キャラクターブック:2019年11月15日(金)

二乃 キャラクターブック:2019年12月17日(火)

三玖 キャラクターブック:2020年1月17日(金)

四葉 キャラクターブック:2020年2月17日(月)

五月 キャラクターブック:2020年3月17日(火)

興味のある方、チェックしてみて下さい。

© 少年マガジン 2019年36・37号より

コミック10巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

TVアニメ五等分の花嫁、Blu-ray&DVD第5巻はこちらから。

発売中のコミック1巻~10巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、10巻が発売されました。第78話から第86話まで掲載されています...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. K・T より:

    風太郎、何気に上手く守ってるな二乃と三玖を。
    タコ焼き、女子は嫌だろうな。
    オシャレじゃないし青のりは歯に付くし。
    だからと言って失敗するかも知れないパンケーキは
    デメリットが多い。
    いっそ今からでも違う案を探した方が良い気もする。

    五月、D判定だったか。
    これも後々風太郎が解決するんだろうな。
    本当色々起きるなあ。

    • 管理人 より:

      風太郎、ちゃんと二乃たちを守っているのがいいですね。屋台のメニューは結局、何をやることになるんだろうか。

      五月は志望大学の難易度が高すぎるなら、受験する大学を変えればいいだけですが、第1志望の大学にこだわりでもあるのかな。

  2. 五つ葉のクローバー より:

    三玖・・二乃と話した後、風太郎にパンケーキの偵察に行こうとでも誘ったのでしょうか!?もしそうなら店は有名レヴュワーの五月に聞いたのでしょうね(笑)
    ただ今話を見る限り二乃が風太郎に「五月の勉強を見てやってほしい」とお願いし、結果、デートは・・・という展開もあるかも・・最終ページによると三玖の恋も大一番とのこと・・恋の行方をどこまで描くのか楽しみです。

    ちなみに特別教室の有名な講師は単穴狙いでマルオと想像しています。高校3年時、勇也や下田さんの家庭教師をしていたとの予想からです。

    • 管理人 より:

      三玖のデートは何目的なのか、今話の中でもほとんど触れられていないので、分からないですね。
      今話の話の流れからいくと、屋台のメニュー関係だと思うんですが、全く別の可能性も高いので次のお話も見逃せませんね。

      特別教室の講師はマルオか、マルオは医者だし頭もいいだろうから、可能性ありますね。

  3. pa より:

    今回は、2の責任感が強いところや風や4を通じて裏で支えるマルオへの気持ちの変化、
    3が風をデートに誘えるようになった行動力や、風の人付き合いの下手さが、
    逆に2とクラスメイトの対立構図を和らげる結果になるなど、
    色々な一面が見れてほっこり。

    また、5は思い込みが強かったり形から入りがちな気がするので、
    母親と同じ一流大学(?)を狙ってD判定というオチじゃないのかなぁと。

    前回、気持ちが動き始めた4は今後どこかでメインになる場はあるとして、
    やはり学校中心の進行となると、どうしても1が一歩引いた形になっちゃいますね。
    完全脱落は免れたとは思いたいですが逆転の可能性はあるのか、うーん…。

    そしてやはり2周年以降も続く(?)ということなのか、
    ここにきて予想以上に展開が遅くなった感がします(笑

    • 管理人 より:

      今回の二乃のお話は父親との関係も微妙に改善しそうになるなど、いいお話で個人的に良かったです。

      五月は私も無理に難易度高い大学狙ったんじゃないかと、推測してます。
      先生になるために大学に入るだけなら、そんなに難しいとは思えないし。

      一花は関わる場面がどうしても減ってしまいますね。お仕事が落ち着いて休学が解除されるとか、今後そういう展開でもあるのかな?

      2周年以降も続きそうですね、少し前まで話は一気に夏から秋へという感じで展開速かったですが、キャラクターブックも来年3月まで発売されそうだし、その時期までは少なくとも続くのかな。

トップへ戻る