【ネタバレ】呪術廻戦 第184話「東京第2結界(コロニー)④」あらすじ、ネタバレ

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第184話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。秤金次が領域展開「坐殺博徒」を使用し、シャルルを追い詰めます。

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第183話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。シャルルの術式が判明しま...

スポンサーリンク

パンダの相手は鹿紫雲一

東京第2結界(コロニー)のパンダの様子は?

前回の秤とシャルルの戦闘から、同じ東京第2結界(コロニー)にいるパンダが転送された場所へと場面は移ります。パンダのいる場所は濃い血の匂いがしていて、パンダは警戒してテディベアの振りをして様子を伺います。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

この濃い血の匂いがする状況を作った本人の呪力は微妙で、パンダはこの状況を作った者を見つけられずにいました。秤金次に戦闘は任せて、パンダ自身は“天使”の捜索と交渉に専念するつもりでいましたが、ランダム転送によって秤金次と引き剥がされてしまいました。パンダは本物のパンダの動きを真似て、気付かれないようにこの場所を離れようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

鹿紫雲一と遭遇

しかし、あっさりと他のプレイヤーに見つかってしまいます。そのプレイヤーは鹿紫雲一で、最初は上野のパンダと鹿紫雲一は誤解します。パンダも上野のパンダの振りをして、誤魔化そうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

しかし鹿紫雲一はコガネに、アレ、プレイヤーか?と、尋ねて、あっさりとパンダがプレイヤーだとバレてしまいます。パンダは、コガネにそんな使い方が…、と驚きますが、鹿紫雲一はすぐに接近してパンダの腹に一撃をくらわせます。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

鹿紫雲一のパンチはとんでもなく速く、そして重いですが、それだけでなく伏黒の「鵺」と同じく呪力が電気のような性質を持っていて、鹿紫雲一自身は常に帯電している形で、防御不能です。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

パンダは鹿紫雲一の攻撃は防御不能と判断し、すぐにパンダは高いパワーが得られるゴリラモードになります。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

パンダは同じく防御不能の激震拳(ドラミングビート)で、鹿紫雲一を攻撃します。鹿紫雲一は激震拳(ドラミングビート)を受けると、悪くない、とつぶやきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

しかし、良くもない、と鹿紫雲一はつぶやくと、すぐにパンダの攻撃をかわしパンダの右腕を破壊します。さらに鹿紫雲一は破壊したパンダの右腕を投げて、目隠しに使い自分は移動してパンダの死角から攻撃しようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

パンダは死角からの攻撃を読んでいましたが、鹿紫雲一はそれよりも速く移動しパンダに顔面パンチを連打し、その後パンダをコンテナまで吹き飛ばします。ボロボロのパンダに鹿紫雲一は、弱い、弱すぎる、と言い放ちます。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

圧倒的な実力の鹿紫雲一

パンダを圧倒する鹿紫雲一はパンダに宿儺がどこにいるか、居場所を質問します。虎杖にはプラスにならないと判断したパンダは知らないととぼけますが、パンダが知らないと答えるまでに間があったので、……知ってる間だなぁ、と鹿紫雲一は言います。吐けば殺さないと鹿紫雲一は言いますが、パンダは叔父さんがそんな名前だったかな、とあくまでとぼけます。そして、パンダはお姉ちゃんの核を使ったモードに変身します。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

今まで明かされなかったお姉ちゃんの核を使ったモードは、頭部は角の生えた仮面をかぶっているような感じで、身体は女性の身体へと変形します。ここで鹿紫雲一の呪力の説明が入り、鹿紫雲一は電気と同質の自分の呪力を電荷分離し、打撃と共に対象にプラス電荷を移動させます。そして、自身に貯えたマイナス電荷を、地面方向への放電をキャンセルしつつ対象へ誘導します。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

この鹿紫雲一の一撃は、領域を展開するまでもなく必中の大気を裂く稲妻で、その一撃をくらったパンダは体を引き裂かれるような傷を負い、身体から血が噴き出ます。その様子を平然と眺めながら、鹿紫雲一は宿儺の居場所を再度、質問します。

© 芥見下々 呪術廻戦 184話より

まとめ

元々200点のポイントを持っていた鹿紫雲一が登場です。鹿紫雲一は宿儺にこだわっていましたが、パンダにも執拗に宿儺の居場所を質問します。パンダは、今まで明かされなかったお姉ちゃんの核を使ったモードに変身しますが、その実力を見せる前に鹿紫雲一に瞬殺されてしまいます。お姉ちゃんの核が失われただけで、パンダ核は生きているので死亡したわけではないと思いますが、領域展開でもないのに必中の稲妻を使う鹿紫雲一にはパンダは勝てそうにありません。次は同じ東京第2結界(コロニー)にいる秤金次が、鹿紫雲一と戦うのでしょうか?しかし秤が「坐殺博徒」を使っても、大当たり確率239分の1が当たる前に、鹿紫雲一の稲妻にやられてしまいそうな気が…。

次号、鹿紫雲一にやられたパンダはボロボロの状態になってしまいます。

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第185話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。東京第2結界(コロニー)...

最新刊、19巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック19巻のネタバレ、感想も書いています。

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の19巻 熱の感想、ネタバレです。 19巻は、第162話から第171話まで掲載されています。 ...
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る