【ネタバレ】呪術廻戦 第185話「バイバイ」あらすじ、ネタバレ

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第185話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。東京第2結界(コロニー)にいるパンダは、鹿紫雲一と遭遇してしまいます。

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第184話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。秤金次が領域展開「坐殺博...

スポンサーリンク

パンダ、お兄ちゃん、お姉ちゃんとお別れ

パンダをいじめるお兄ちゃんゴリラ

パンダの心の中を表現した世界なのか、デフォルメされたパンダがお兄ちゃんのゴリラにいじめられています。そこにお姉ちゃんのトリケラトプスが現れ、なんでパンダ イジメるの!!と、お兄ちゃんのゴリラを怒ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

しかし、お兄ちゃんのゴリラはイジメていないと反論、反省せずに再びパンダを殴り、お姉ちゃんのトリケラトプスに再び怒られます。さらに、今度はお兄ちゃんのゴリラと、キツネとタヌキに、チャリ乗れねぇじゃん!!と、言われてしまいパンダは仲間外れにされています。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

タヌキとキツネが、パンダの持っているボールを捨てたら仲間に入れてやるよ、と煽りますが、パンダはこのボールはこども会でサンタさんがくれたものだからと嫌がります。それでもタヌキとキツネがボールを捨てるように煽ると、パンダはどこかをちらっと見た後にボールを捨てます。すると、タヌキとキツネが川に物捨てたら犯罪だぜ!?カンキョー破壊だ!!と、言い始め逃げ出します。泣きそうになっているパンダに、なんで捨てた、とお兄ちゃんのゴリラは話しかけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

サンタから貰った大事なボールだから捨てちゃ駄目だろ、とパンダに言いますが、お兄ちゃんと遊びたかったから、とパンダは叫ぶと号泣してしまいます。そんな二人の元に、再びお姉ちゃんのトリケラトプスが現れ、お姉ちゃんのトリケラトプスはパンダを泣かしたと怒ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

家に帰ったお姉ちゃんのトリケラトプスはお兄ちゃんのゴリラに説教しますが、お兄ちゃんのゴリラは、アイツがいると行動範囲が広げられないし、なんでも俺とチーム組みたがるし、アイツと組むと負けるし、と言い反省しません。さらにパンダは泣く前にお姉ちゃんのトリケラトプスがいるか確認していると言い、パンダは甘ったれなんだよ、ムカつく、とお兄ちゃんのゴリラはつぶやきます。しかし、お姉ちゃんのトリケラトプスは逆だと言い、パンダはお兄ちゃんのゴリラを嫌ったり、憎んだりしない、なんでも許してくれるパンダに甘えているのはゴリの方じゃない?と、言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

その夜、お兄ちゃんのゴリラは貯金箱の中身を確認し、ボールを100均で買おうと考えます。そして、パンダが持っていたボールが何色だったか思い出しつつ、何色でもいいんだろーな、バカだから、と思いながら眠りにつきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

パンダとはお別れ

その後、寝ているお兄ちゃんのゴリラは、父ちゃんと呼ばれる夜蛾正道に似た生き物に起こされます。そして、パンダとはお別れだ、とお兄ちゃんのゴリラは父ちゃんに突然、言われます。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

びっくりしたお兄ちゃんのゴリラは、なんで!?いつまで!?と、聞き返しますが、なんでもだ、ずっとだ、と父ちゃんは短く答えるのみです。その時パンダが泣きながら家から飛び出し、お兄ちゃんやお姉ちゃんを追いかけます。お兄ちゃんのゴリラは、パンダを置いていけないと必死で抵抗します。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

しかし、父ちゃんは置いて行かれるのは俺達の方だと言い、見送ってやれ、お兄ちゃんだろ、とお兄ちゃんのゴリラを諭します。それを聞かされいつまでも泣き続けるお兄ちゃんのゴリラと、泣きながら追いかけ続けるパンダでした。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

鹿紫雲一にボロボロにされたパンダ

場面は現実へと戻り、前回は稲妻の一撃をくらってパンダは体が引き裂かれたようになっていましたが、場面が戻るとパンダは鹿紫雲一にボロボロにされていました。点が入っていないのでパンダが死んでいないと気付いた鹿紫雲一は、宿儺のことをさっさと吐くように言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

そして、パンダの頭部を鹿紫雲一は杖のような武器で持ち上げますが、悪いな、パンダは口が堅い、とパンダは言い、宿儺の事や虎杖の事を喋ろうとしません。それを聞いた鹿紫雲一は、パンダに止めを刺そうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

秤金次が参戦

そこに秤金次が登場し、パンダに話しかけます。イメージなのかもしれませんが、ボロボロのパンダを見た秤は大量の呪力を身にまとっているように見えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

鹿紫雲一に頭部だけ持ち上げられている状態のパンダに、少し痩せたか!?パンダ!!と、秤は話しかけます。鹿紫雲一は秤金次の登場に驚く事もなく、あんまワクワクさせんなよ、と臨戦態勢になります。

© 芥見下々 呪術廻戦 185話より

まとめ

最初はパンダの心の中を表現したような世界で、デフォルメされたパンダがお兄ちゃんのゴリラにいじめられて、お姉ちゃんのトリケラトプスがそれを怒っています。しかし、話が進むとお兄ちゃん、お姉ちゃんはパンダに置いて行かれて、ずっとお別れになってしまうと、夜蛾正道に似た父ちゃんにお兄ちゃんのゴリラは言われてしまいます。そして、パンダは2つの核を失ってしまい、パンダ自身は大量に出血しボロボロの状態です。

そこに秤が登場し、次回から秤と鹿紫雲一の戦闘となりそうです。しかし、夜蛾正道が死んでしまっているので、突然変異呪骸のパンダを誰か治すことが出来るのでしょうか?パンダの核のみとなっているので、厳しいような気がします…。

後、シャルル・ベルナールは倒されたのだと思いますが、もう出番はないのでしょうか?術式も使い方によっては強力ですし、出番があれば活躍できそうです。

次号、秤が鹿紫雲一との戦いが始まります。秤は漲る呪力(ボーナス)で、鹿紫雲一を圧倒します。

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第186話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。パンダは鹿紫雲一の攻撃で...

最新刊、19巻を購入される方は、こちらから。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

発売中のコミック19巻のネタバレ、感想も書いています。

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の19巻 熱の感想、ネタバレです。 19巻は、第162話から第171話まで掲載されています。 ...
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る