【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 13巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの13巻の感想、ネタバレです。

今回は108話から116話まで掲載されています。

前巻12巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの12巻の感想、ネタバレです。 今回は98話から107話まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

13

13巻の表紙はドラケンです。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

108話 The light of my life

マイキーに連れてこられてた先にはヒナがいて、武道は状況が把握できず混乱しています。一方的に武道から振ったので気まずい雰囲気が武道とヒナの間で流れます。ヒナは数時間前に父親から、武道に何を言ったのかを問い詰めていました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

109話 Not apt to give any way

マイキー達のおかげもあり、武道はヒナと仲直りする事ができ、無事に復縁に成功します。その後、マイキーからちょっと一緒に走ろうと言われ、強引にバイクで街中を走ります。バイクで走りながら、マイキーは自分の過去話を話し始め、じいちゃんとエマの三人で暮らしている事、エマだけ母親が違う事、そして兄の真一郎についての話を始めます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

110話 Best wishes

ヒナと無事復縁に成功した武道は、仲直りした時に初詣に連れていくという約束をしていて、二人は大みそかに初詣に来ています。そこに三ツ谷や八戒やその姉妹が来て、一緒に合流します。途中で絵馬にみんなで願い事を書こうという事になり、それぞれ自分の願いを絵馬に書き込みます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

111話 Season opener

年も明けて、新年一発目の東卍の全体集会で、八戒は東卍の皆から許された事、黒龍だった乾と九井が東卍に下り、武道の壱番隊の下につくことを知らされます。そして最後に、稀咲がマイキー自身の口から除名される事が告げられます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

112話 You’re fired

稀咲の裏切りをマイキーに報告していた事は、千冬から教えられますが、それでも一度は隊長クラスまで認められた稀咲は除名に納得できず、マイキーに詰め寄ります。半間からも稀咲が除名になれば、元愛美愛主、元芭流覇羅組が全て抜けることになる、そうなれば東卍は100人にまで萎んでしまうんだぜ?と言われますが、マイキーは構わねぇと答えます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

113話 You have my word

稀咲が除名、追放された全体集会から数日後、武道はマイキーに呼び出されます。マイキーとドラケンでコツコツと部品から集められて完成したバイク、CB250T、通称バブを見せられます。このバイクはマイキーのバブの双子のエンジンを使用して作られたものだと教えられますが、やっと完成したバブをマイキーは武道に贈ります。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

114話 On my way home

大寿は死なず、稀咲を東卍から追放したことで再び現代に戻ることにした武道は、戻る前にマイキー、ドラケン、千冬、三ツ谷、八戒と会い最後に記念写真を撮ります。現代に戻った武道は前の現代と変わっている事に気付き、ヒナが助かっている事に期待しますが、武道がいた場所は何故か三ツ谷の葬儀でした。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

115話 Turn over a new leaf

三ツ谷は誰かに殺害されていて、ヒナも変わらず死んでいる事を知った武道は絶望しますが、今回の現代では再び最初のボロアパートに住んでいる事に気付きます。そのボロアパートで再び直人と出会い、この現代はこれまでで最悪でヒナはもちろん助かっておらず、それ以外にも、東卍主要メンバーが殺されている事を直人から聞かされます。そして、ドラケンは惨殺、千冬は射殺、三ツ谷は絞殺、八戒は焼殺、他のメンバーも殺されいてその容疑者としてマイキーだと教えられます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

116話 Far from home

武道は最後に撮った記念写真と一緒にあった手紙の消印がフィリピンである事から、マイキーはフィリピンにいると思い、フィリピンにマイキーを探しに行きます。しかし、自分以外の東卍幹部みんなを殺している事から、自分も会った途端殺されるかもと武道も不安になります。迷いながら進んでいると、手紙に書いてあった住所からバブのエンジンを見つけた廃墟にたどりつき、そこで現代のマイキーと対面します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 13巻より

まとめ

対黒龍との抗争はマイキー、ドラケンの活躍もあり、東卍勝利で完全に決着します。ヒナとの仲も復縁に成功し、黒龍も潰せて、稀咲も東卍から追放と、武道は過去でミッションをクリアしたように見えましたが、現代に戻ってみると最悪な現代になっていました。マイキーが東卍幹部みんなを殺してしまったのには、今までの現代にはない要因がありそうですが、それは何なのか…、気になります。

東京卍リベンジャーズですが、実写映画化もされます。10月9日(金)公開予定です。ただ新型コロナの影響だと思いますが、キャスト&スタッフの健康を第一に考えて少し前から撮影を一時中断しているようで、気になります。


14巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの14巻の感想、ネタバレです。 今回は117話から125話まで掲載されています。 ...

13巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る