【ネタバレ】呪術廻戦 15巻 渋谷事変-変身- のネタバレ、感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の15巻 渋谷事変-変身- の感想、ネタバレです。

15巻は、第125話から第133話まで掲載されています。

 

前巻、14巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 14巻 渋谷事変-理非- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の14巻 渋谷事変-理非- の感想、ネタバレです。 14巻は、第116話から第124話まで掲載されています。 前巻、13巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 14...

 

スポンサーリンク

15

15巻の表紙は、真人です。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第125あの子の話

真人の本体に触れてしまった釘崎は、小学生時代の事を思い出します。ランドセルを交換しようとしたふみや、小学校1年生の時に東京から転校した沙織との思い出を振り返りながら釘崎は、皆に伝えて、悪くなかった、と虎杖に伝えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第126渋谷事変㊸

脹相での敗北、宿儺による大量殺人、七海の死、さらに真人の手によって釘崎が目前で顔面を吹き飛ばされてしまい、虎杖の心は限界を超えてしまいます。心が折れてしまった虎杖を、真人は嬉々として殴り黒閃をキメて殺そうとしますが、そこに東堂が現れ虎杖を助けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第127渋谷事変㊹

俺はもう俺を許せない、と虎杖はその場にうずくまってしまいますが、オマエは何を託された?と、東堂は虎杖に話しかけます。東堂の言葉で、虎杖は七海に託された事を思い出し、再び真人に挑み、黒閃を真人にくらわせます。真人と再び戦う決意をした虎杖は、七海の分までちゃんと苦しむよ、と心の中でつぶやきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第128渋谷事変㊺

三輪はメカ丸から、東堂と新田以外の京都校の仲間は渋谷事変当日、東京から離れた場所で任務に就くように着くように細工されていたことを聞かされます。三輪はメカ丸に自分は役立たずなのか、と怒りますが、メカ丸はもうそういう次元の話じゃないと言い、三輪に幸せになってくれと告げます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第129渋谷事変㊻

真人は「撥体」を使って虎杖を全方位範囲攻撃で殺そうとしますが、東堂の位置入れ替えにより攻撃を邪魔されます。すると、真人は「幾魂異性体」という改造人間を使って虎杖と東堂を分断し、その間に確実に虎杖を潰そうとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

 

しかし、「幾魂異性体」では東堂を完全に足止めできず、再び東堂は虎杖の加勢に入ってきます。東堂を仕留めるには「幾魂異性体」では難しいと考えた真人は、一か八か、0.2秒だけ「自閉円頓裹」を展開します。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第130渋谷事変㊼

「自閉円頓裹」によって東堂は左手を失ってしまい、さらに真人に黒閃をキメられてしまいます。東堂は黒閃のダメージと左手の負傷で戦闘不能になってしまいますが、それでも位置入れ替えによって真人の不意を突き、虎杖は真人に黒閃をキメてダメージを与えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第131渋谷事変㊽

真人は自分の魂の本質、本当の形を理解することで、呪霊として変身前とは別次元の存在、「遍殺即霊体」になります。「遍殺即霊体」となった真人の強度はとても高く、虎杖の普通の攻撃はほとんど通りません。虎杖は「遍殺即霊体」となった真人を倒すには、最大出力の黒閃をぶつけるしかないと考えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第132渋谷事変㊾

虎杖は逕庭拳を利用して真人のカウンターを避け、さらに東堂の手助けもあり、「遍殺即霊体」となった真人に最大出力の黒閃をキメて、真人に致命傷を負わせます。虎杖は真人を殺すと宣言し、真人に止めを刺そうと追いかけますが、真人が逃げた先に夏油傑が現れます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

第133渋谷事変50

虎杖は夏油傑から五条悟が封じ込められた獄門疆を取り返そうとしますが、夏油傑は呪霊躁術で虎杖を近寄らせません。夏油傑の呪霊操術の前に虎杖は為す術がなく、虎杖は一方的に夏油傑にやられてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

おまけ 『外出自粛』

禪院真希と狗巻棘が外出自粛のため、マスクをしています。パンダは人間ではないので、外出自粛でもマスクをする必要がありませんが、仲間はずれはイヤだ、とパンダもマスクをしています。それを禪院真希と狗巻棘にツッコまれています。

© 芥見下々 呪術廻戦 15巻より

まとめ

15巻では、長く続いた渋谷事変もクライマックスを迎えて、虎杖が真人を倒してあと一歩で真人を殺せるところまで来ました。しかし、そこに夏油傑が現れて真人を助けようとしますが、単純に真人を助けるわけではないようです。

夏油傑には真人や漏瑚とは別の目的がありそうですし、何を企んでいるかは次の巻で明らかになりそうです。次の巻はどんな展開になるか、楽しみです。

 

16巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】呪術廻戦 16巻 渋谷事変-閉門- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の16巻 渋谷事変-閉門- の感想、ネタバレです。 16巻は、第134話から第142話まで掲載されています。 前巻、15巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 16...

 

15巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました