【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 2巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの2巻の感想、ネタバレです。

今回は6話から14話までと、番外編が1話、掲載されています。

前巻1巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの1巻の感想、ネタバレです。 今回は1話から5話まで掲載されています。 1巻 ...

スポンサーリンク
google adsense

2

2巻の表紙はタイムリープした後、中学生の武道です。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

6話 Return

マイキーとドラケンに気に入られて東卍に誘われた武道は、マイキーが12年後に関係のないヒナを殺してしまうような東卍という組織のボスではないと確信します。何故マイキーが“悪い奴”になってしまったのか分からず、武道はそれ以上東卍の事は分からないまま、ヒナとの勉強会を楽しんでいました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

7話 Rejoin

12年前から戻って来た武道は、直人からタイムリープの能力が、“12年前の同じ日に戻る”能力である事を教えてもらえます。さらに、千堂敦がキヨマサを刺して警察に捕まるという過去を変えたため、現代では末端のチンピラでなく東卍の幹部になっている事が判明します。武道は現代の千堂敦に会ってマイキーや稀咲の事を聞こうとします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

8話 Reseparate

現代であった千堂敦から、武道を線路から突き落として殺そうとしたのは自分だと告白されます。その後千堂敦は、稀咲がただひたすら怖い、ドラケンが既に死んでいる事を武道に教えた後、自らビルから飛び降りて自殺してしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

9話 Releap

武道は過去にタイムリープしている間、2週間レンタルビデオ店を無断欠勤していたため、クビになってしまいます。貯金も少なく稼ぎも失った武道は意気消沈し、過去のヒナに未来の事を伝えて救えないか直人に提案しますが、楽をしようとしていると言われ、ヒナからも信じてもらえないと却下されます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

10話 Reply

12年前の8月3日、東卍の内部抗争でドラケンが死亡する事を突き止めた武道と直人は、12年前に戻りドラケンを救えばマイキー、千堂敦、そしてヒナの全員を救えると分かり、絶対にドラケンを救うと決心して再びタイムリープを行います。しかし何故かカラオケ店でエマが下着姿で馬乗りになっている状態で、武道はタイムリープしてしまいます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

11話 Reburn

ドラケンが死ぬ原因を突き止めようと考えていた時、武道はドラケンから東卍の集会に呼ばれます。その集会で東卍が愛美愛主という暴走族と抗争を8月3日の武蔵祭りの日に始めると聞きますが、12年後の現代では愛美愛主を直人から知らされていなかった為、武道はどちらがドラケンの死ぬ原因なのか、混乱します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

12話 Remind

ドラケンの死ぬ原因が、愛美愛主との抗争なのか、東卍の内部抗争なのか、確定できないでいた武道は、ドラケンの付き人になってずっとくっついていれば、どっちが死ぬ原因だろうと対処できると考えます。しかし、ドラケンからはあっさりと付き人になる案は却下されます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

番外編 Zero

ドラケンがまだマイキーと出会う前、小学生時代の話、ドラケンは小5で頭に刺青をいれていて、中学生相手でも逆らう奴はほとんどいませんでした。そんな時ドラケンは、暴走族の総長をノシた小学生がいると、噂を耳にします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

13話 Regret

現代に戻った武道は愛美愛主の事を詳しく調べようと、愛美愛主の総長 長内に12年前の抗争について聞こうとします。現代の長内は愛美愛主の元総長というイメージとはかけ離れており、また東卍との抗争についても特に大した情報は得られませんでした。

直人は東卍と愛美愛主の抗争は火種でしかなく、誰かが長内を利用して東卍の内部抗争を企んだと推測します。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

14話 Resort

マイキー達四人が愛美愛主との抗争を話し合っている所に、直接愛美愛主との抗争を止めるよう武道は直談判しますが、マイキーから断られてしまいます。愛美愛主との抗争に反対する武道は、愛美愛主に親友をひどい目にあわされたパーちんから殴られますが、それでも反対の意思を曲げません。その武道の姿を見てドラケンは、少し愛美愛主を調べてみてもいいんじゃねーの?と言います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 2巻より

まとめ

2巻では東卍と愛美愛主の抗争に至るまでの話の流れが描かれています。さらに武道のタイムリープの法則や、マイキー、ドラケンといった主要人物も徐々に描かれてきていて、どんどんと話が面白くなっていきます。タイムリープを何度も行い、過去と現代を行ったり来たりしていますが、この先どうなるか、この巻でさっそく過去が変わっていますが、武道にとって、いい変化となるのか?

また、番外編としてマイキーとドラケンの小学生時代のエピソードが描かれており、二人の出会いがどんなだったかが分かります。こちらの話も必見です。

東京卍リベンジャーズ 映画版の追加キャスト情報が解禁になっています。

東京卍リベンジャーズ、2021年にTVアニメ化決定だそうです。


3巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの3巻の感想、ネタバレです。 今回は15話から23話まで掲載されています。 ...

2巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る