【ネタバレ】東京卍リベンジャーズ 23巻のネタバレ、感想

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの23巻の感想、ネタバレです。

今回は198話から206話まで掲載されています(205話、206話は番外編扱い)。

前巻22巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年マガジンで連載中の東京卍リベンジャーズの22巻の感想、ネタバレです。 今回は189話から197話まで掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

23

23巻の表紙は半間です。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

198話 Lose myself in memory

武道がマイキーを見つけられず悩んでいた頃、解散記念に埋めたタイムカプセルを皆で開けよう、と八戒から連絡があります。そして6月19日の当日、夜になってもマイキーは現れず、しかたなくマイキーを除く主要メンバーでタイムカプセルを開けることにします。皆、子供の頃の夢を思い出しながら、タイムカプセルを開けていきます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

199話 Sincerely yours

最後にマイキーの手紙が残り、ドラケンは本人も来ない事だし開けてみようと言い、マイキーの手紙を開封することにします。そこには12年前、東卍解散の時の、マイキーの皆に対するそれぞれの気持ちが書かれていました。その手紙を読んで武道は、現代のマイキーを探すのは野暮だったかな…、と思うようになります。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

しかし、マイキーの手紙の下にビデオテープがあることに武道は気づき、後日そのビデオテープを再生します。そのビデオテープには、昔の佐野家のホームビデオが入っていて、昔の真一郎やマイキー、エマが映っていました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

200話 Crack a smile

ビデオテープには佐野家のホームビデオの他に、12年前のマイキーから12年後の武道に宛てた映像が入っていました。ビデオテープには、自分では制御できない“もう一人のオレ”みたいなものがあり、それをマイキーは“黒い衝動”と呼んでいました。そして12年後の自分は周りを不幸にしているに違いない、とマイキーは言い武道に、自分に近寄らないよう約束してくれ、と言います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

201話 What’s up?

一度はマイキーを探すことを止めた武道ですが、挫けそうな時、オレがオレでなくなりそうな時、オレを叱ってくれ、と言われたことを思い出し、武道は再びマイキーを探し始めます。しかし、マイキーに繋がる情報を探って“梵天”のアジトを聞き込みますが、何一つ情報は聞き出せず、武道は焦ります。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

202話 Get away

梵天のたまり場だったというボーリング場で、マイキーと再会した武道ですが、マイキーからはこれ以上何を求める?と、言われてしまいます。武道は結婚式の招待状を渡したかったと言い、ヒナもみんな幸せそうです、幸せそうじゃないのは君だけだ、とマイキーに話しかけますが、三途に銃を押し付けられ、殺すぞと脅されます。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

203話 Don’t give a damn

マイキーと二人っきりになった武道は、今度はオレが君を救う番です!!と、話しかけますが、マイキーに銃で三発、撃ち込まれてしまいます。瀕死の状態となった武道に、会いたくなかった…、こうするしかなくなるから、と言い残し、マイキーはその場を去ろうとします。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

204話 Give me a hand

武道を撃ってしまったマイキーは、その後屋上から飛び降りて、自殺を図ります。しかし、自殺をしようとしたマイキーの手を武道は掴み、マイキーを何とか助けようとします。武道は必死で自分の手を掴むようにマイキーに叫びますが、マイキーに自殺を止める気はなく、武道に手を離すように言います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

205話 The picaresque

205話、206話は番外編に位置付けられていて、205話は半間と稀咲の出会いなどが描かれています。歌舞伎町で喧嘩に明け暮れていた半間ですが、そんな時 愛美愛主・総長だった長内に紹介されて稀咲と出会います。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

稀咲は人の心を掴むのが得意で、キヨマサ、パーちん、ぺーやんを陰で煽って人の心を操り、自分の思うように人を動かしていました。さらに稀咲は一虎や柚葉にも裏で接触していて、半間は新しい舞台を創りつづける稀咲を見て楽しんでいました。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

206話 Let you down

206話は伍番隊 隊長・武藤 泰宏、ムーチョについて描かれています。ムーチョはマイキーから三途を預かって欲しいと託されますが、三途は問題ばかり起こすバカでした。しかし、三途は思っていたより忠誠心が強く、人一倍度胸も腕っぷしも強く、半年後にはムーチョの信頼できる副隊長にまでなります。

© 和久井健 東京卍リベンジャーズ 23巻より

まとめ

前巻でナオトと握手してもタイムリープ出来なくなりましたが、その後梵天のトップとなったマイキーを探し、やっとマイキーとの再会を果たします、三途に銃を突き付けられた状態で…、ですが。闇落ちしたマイキーは武道も殺そうとしますが、そんな闇落ちしたマイキーでも必死で助けようとする武道を見て、マイキーは助かろうと武道の手を掴みます。

そしてマイキーが助かりたいと強く願い武道の手を掴んだ瞬間、タイムリープが発動、高校生時代へと戻り、最終章が開幕する流れです。どんな最終章、クライマックスになるのか、今から楽しみです。

コロナ過で公開延期になっていた映画 東京卍リベンジャーズは、現在絶賛 公開中です。

東京卍リベンジャーズ、TVアニメ放送中です。

4月から放送しているTVアニメ、東京リベンジャーズですが、7月から2クール目の放送が始まります。エンディング主題歌も2クール目から新しくなり...

23巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る