【ネタバレ】TVアニメ ワールドトリガー 12話「新人」のネタバレ、感想

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。

前回 11話の記事はこちらです。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

スポンサーリンク
google adsense

新人

ワイヤー陣が完成し、雨取が位置を変えながらアイビスでの砲撃、レッドバレット狙撃を王子、生駒に対して行い始めます。雨取を止めるには、ワイヤー地帯と空閑を超えて行かないと、攻略出来ません。

すると生駒隊のスナイパー・隠岐が雨取を補足し、狙撃をします。雨取は隠岐に狙撃されたことで、王子、生駒に対しての狙撃が止まります。それを見て王子はワイヤー地帯に踏み込み、空閑と対峙します。

雨取の狙撃がなくなったことで、生駒は旋空で家を斬り、邪魔なワイヤーを一掃し始めます。それを見た王子は生駒が斬った家の瓦礫を利用して、空閑を攻撃します。

空閑対王子、決着

しかし、空閑も瓦礫を利用して王子の体制を崩し王子をスコーピオンで串刺しにします。

致命傷を負った王子はベイルアウトしますが、瓦礫の陰に置き弾を残していてカウンターを狙います。空閑はとっさに避けますが、足に深手を負ってしまいトリオンが漏れ始めます。トリオンが漏れている状態で生駒と対峙することになります。

すると、三雲は雨取に指示を出し雨取はダメージを負う覚悟で、隠岐に対してレッドバレット狙撃を行います。雨取は足を撃たれますが、隠岐もレッドバレット狙撃を受けてしまい重しを付けられてしまいます。

レッドバレット狙撃が成功すると、三雲は次に空閑に指示を出し、空閑は生駒を無視してグラスホッパーを使い、隠岐を狙います。

隠岐と1対1となった空閑は、隠岐のトリオン供給機関を攻撃し、隠岐をベイルアウトにします。隠岐を獲られた生駒は、空閑に対して生駒旋空で攻撃しますが空閑はグラスホッパーで回避します。

しかし、生駒は空閑の動きを読んでいて、生駒旋空で空閑を真っ二つに斬ります。空閑もベイルアウトとなり落とされます。

そして雨取も自発的にベイルアウトして、ROUND6は試合終了となります。

ROUND6、決着

生き残った生駒隊には生存点が追加されますが、最終スコアは玉狛第2が4点、生駒隊と王子隊が3点で、玉狛第2が勝利します。

試合には勝った玉狛第2ですが、弱点もはっきりしてきて、三雲と雨取がまだ弱いため、試合開始早々狙われやすい、と当真から指摘されます。さらに転送位置次第で空閑は、三雲か雨取のどちらしか助けられず、どちらかが落とされるとワイヤー陣は完成しません。

今回は雨取の機転でうまく乗り切りましたが、今後はどのチームもワイヤー陣完成前にまず玉狛第2を狙う可能性が高くなります。当真は、せめて空閑のほかにもう一人、フロントを張れる強えーやつがいればなあー、と解説します。

ヒュース、入隊

ヒュースは入隊式時の訓練で高得点を出し、注目を浴びます。また、簡単な戦力テストでは他の新人を全て倒し、一気にソロポイントを1,000点から3,000点にアップします。

さらにソロランク戦では、新バカの三人を連続で倒し、4,016点となり、ヒュースは入隊してすぐに、B級昇格決定となります。

その噂を聞いて、B級の小荒井、笹森、三浦、巴が5本先取勝負のソロランク戦をやります。ヒュースが入隊直後でトリガー1個しか持っていないので、平等を期すためブレード1本のみ、ポイント移動なしの特殊ルールで行われます。

ヒュース、B級相手でも勝利

ヒュースは四人相手に一本しか取らせず、四連勝します。そこに二宮隊の辻が偶然、通りかかり辻にもヒュースの相手をしてもらいます。

しかし、辻でも二本しか取れず、ヒュースはマスタークラス相手にも勝利します。さらに、そこに生駒が偶然、通りかかります。生駒は辻相手に5-2で勝ったと聞き、ヒュースとやりたいと言います。生駒もブレード1本で、旋空なしの特殊ルールで行います。

ヒュースと生駒は互角の戦いを見せ、4-4の同点のポイントとなります。しかし、生駒は思わず旋空弧月を使ってしまい、最後は反則負けになり、5-4でヒュースの勝ちとなります。

そこにナンバー1アタッカー・太刀川が現れ、太刀川もヒュースとソロランク戦をやります。太刀川はヒュースに5-1で勝利します。ヒュースは太刀川がボーダーナンバー1アタッカーと聞き、これほどの剣の使い手は、アフトクラトルにもそうざらにはいない、と太刀川の剣の腕を認めます。

ヒュースは生駒がアタッカー6位と聞き、自分がミデンでは6位辺りの剣の腕だと自己分析します。しかし、ミデンのトリガーは複数の機能を組み合わせるタイプで、フル装備で戦えばもっと手強い相手もいるだろう、と考え直します。

その夜、玉狛支部で既にB級上がったことを報告すると、宇佐美から玉狛の隊服を急いで作ったと言われ、ヒュースは隊服を着ます。四人で隊服を着て、チームと言う感じが出たところで、2ndシーズン終了です。

まとめ

12話の内容は原作だと、18巻157話「玉狛第2⑱」から18巻160話「ヒュース④」までになります。

ワールドトリガー 18巻には、第152話から第160話まで掲載されています。作者の葦原大介さんが体調不良の為、長期休載していましたが2018...

空閑は最後、生駒に生駒旋空で落とされてしまいますが、王子からはポイントを獲得し、ROUND6は玉狛第2が勝利します。そして、ヒュースもボーダーに正式加入し、ROUND7からはB級ランク戦に参加できるようになりました。ヒュースがB級ランク戦で戦うところを見たいと思ったところで、2ndシーズン終了です。ヒュースのB級ランク戦での活躍は、残念ながら3rdシーズンが始まる10月までお預けですね。3rdシーズンを楽しみにして待ちましょう。

3rdシーズンに関してはAnimeJapan2021ステージで、正式発表がありました。10月から放送開始予定だそうで、楽しみです。

アニメ ワールドトリガー 2ndシーズンの放送開始が決定しました。2ndシーズンの内容を予想しています。

ワールドトリガーのアニメ新シーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンとして、2021年1月9日(土)か...

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る