【ネタバレ】アニメ ワールドトリガー 3rdシーズン 4話「秘策」のネタバレ、感想

TVアニメ、ワールドトリガー 3rdシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。

前回 3話の記事はこちらです。

TVアニメ、ワールドトリガー 3rdシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

スポンサーリンク
google adsense

秘策

鈴鳴第1の新戦法は黒い弧月とは関係ないと判明しますが、その後すぐに鈴鳴第1は影浦隊の切れ目ない攻撃で防戦一方となります。すると、来馬がWライフルでのフルアタックで攻撃し、北添を押し返します。

この来馬のWライフルが鈴鳴の新戦法で、具体的には来馬が通常より大きく前に出て、村上の盾のかげに入り、村上のガードに任せてフルアタックを行う戦法で、射撃戦の瞬間火力をUP陣形です。影浦隊は新戦法に押されて、一旦さがる選択をします。

三雲VS奥寺・小荒井VS絵馬ユズル

ショッピングモールでは、小荒井が合流し三雲に追いつこうとしますが、三雲はスラスターを使って小荒井を壁に押し付け、何とか三雲は逃げきろうとします。そこに絵馬ユズルが、三雲と小荒井、二人を二枚抜きしようと狙撃を行ってきます。

三雲は影浦隊にこれ以上得点させないために自分が避けるだけでなく、小荒井も助けて絵馬ユズルの狙撃を何とかかわします。三雲は絵馬ユズルを攻撃して、何とか間合いを詰めようとしますが、その時ショッピングモールの照明が消えて暗闇になります。

ショッピングモールの照明が消えたことで三雲は、一瞬動きが止まります。そこに三雲のトリガーの光を狙って、絵馬ユズルの狙撃が三雲に命中します。三雲は右腕を撃たれて、片腕を失ってしまいます。

停電は鈴鳴の太一の作戦

ショッピングモール内の照明を消して停電にし、暗闇にするのは鈴鳴第1の太一の作戦で、ショッピングモール1階「電気室」のスイッチを太一が操作していました。村上の黒い弧月もこの暗闇で太刀筋を隠すためのものでした。影響は鈴鳴第1と戦っていた影浦隊にも出ます。

影浦隊は視覚支援の暗視を入れて暗闇に対応しますが、太一が再びスイッチを操作し、照明を点灯します。そこに村上の攻撃が影浦に入り、影浦は左腕の辺りに大ダメージを負ってしまいます。北添が店内の電気系統を銃で破壊して照明のスイッチON、OFFに対応しますが、影浦はトリオンの漏出が多く危険な状態です。

太一が照明のスイッチを操作していると、鈴鳴第1のオペレーター・今結花から分電盤に誰かが向かっていると連絡が入ります。太一は急いで逃げようとしますが、エスクードで挟まれてしまい、太一は動けなくなってしまいます。分電盤に直接来ていたのは、合流した空閑とヒュースでした。太一を倒し玉狛第2は先制点を獲得します。

ショッピングモール6階では三竦み

鈴鳴第1の照明を消す戦法は封じられ、空閑とヒュースは吹き抜けを使って一気にショッピングモール6階まで上がります。6階には鈴鳴第1と影浦隊もいて、3チームが間合いを取って牽制するします。そしてヒュースがエスクードを使って影浦隊を分断し、空閑とヒュースは影浦と2対1の状況になります。ヒュースは弧月で攻撃すると見せかけて、実際はアステロイドで影浦を攻撃します。

ヒュースはアステロイドの弾丸半分を発射し、遅れて残り半分を発射することで疑似的に3対1のタイミングを作り、影浦に一人時間差射撃ともいうべき攻撃を行います。影浦は被弾し、トリオン漏出も甚大な状態となり、玉狛第2に落とされそうになります。

落とされそうな影浦を助けにエスクードを壊して北添が合流しますが、ヒュースと空閑の連携に北添は落とされてしまいます。

ヒュースはアステロイドで影浦に止めを刺そうとしますが、影浦は必死にこの攻撃を避けて下のフロアに落下します。下のフロアに逃げた影浦ですが、結局トリオン漏出過多でベイルアウトになってしまいます。これで玉狛第2の得点になったように見ますが、実際は鈴鳴第1に得点が入ります。

まとめ

4話の内容は原作だと、19巻168話「鈴鳴第1③」から20巻171話「ヒュース⑤」までになります。

前巻18巻から約1年8カ月ぶりに発売された待望の19巻です。本編の方も今週から、(いろいろ個人的な葛藤があったようですが)ジャンプスクエアに...
ワールドトリガー20巻には、第170話から第178話まで掲載されています。 20巻の収録内容 20巻の表紙は東 春秋です。 ...

170話、171話は個別でこちらの記事にまとめています。

ジャンプSQ 2019年1月号に掲載されているワールドトリガー 170話のあらすじと感想です。 そして月刊誌『ジャンプスクエア』に移籍...
ジャンプSQ 2019年1月号に掲載されているワールドトリガー 171話のあらすじと感想です。 前回の記事はこちらです。 ...

鈴鳴第1の新戦術と、照明を利用した環境戦術が上手く作用し、試合を有利に進めますが、結局鈴鳴第1はなかなか得点を得られません。最初に得点を獲得したのは、玉狛第2で太一が落とされたことで、照明を利用した環境戦術も封じされました。空閑とヒュースはさらに北添も落とし、連続して得点を獲得します。影浦も玉狛第2が落としたように見えましたが、鈴鳴第1の得点になったのは村上の弧月のダメージが大きかった可能性が高いです。

ヒュースが影浦を攻撃する場面で三雲が、ヒュースは何故バイパーの弾道変化を使わないか、疑問に思っていますが、これにはヒュースなりの理由があるようで、試合の後で明かされると思います。

5話「無双」

5話「無双」の記事です。

TVアニメ、ワールドトリガー 3rdシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

アニメ ワールドトリガー 3rdシーズンの放送開始が決定しました。3rdシーズンの内容を予想しています。

ワールドトリガーのアニメ、3rdシーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」3rdシーズンとして、2021年10月9日...

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る