【ネタバレ】ダンジョン飯 第66話『カレー』の感想、ネタバレ

ハルタ 2020年 volume 76に掲載されているダンジョン飯 66話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。ウサギの群れがライオス以外にも襲い掛かってきます。

ハルタ 2020年 volume 75に掲載されているダンジョン飯 65話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。狂乱...

スポンサーリンク
google adsense

シスル、ライオス達がいる家へ

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

迷宮の入り口では

迷宮の入り口では、島主の意向で封鎖中のタンス達と上陸したエルフの軍隊とが言い争いをしています。いろんな場所で小競り合いが起きていて、シュローとリンシャがカブルーの居場所について話していると、後ろから押されてしまい何人か穴の中に落ちてしまいます。その様子を狂乱の魔術師、シスルの使い魔が監視しています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

カブルーとカナリア隊

場面変わって、第6階層のカブルーとカナリア隊です。ライオス達をカナリア隊の鳥を使って探していますが、見つかりません。ライオス達は既に、扉を開いて先に進んでしまっています。ここでもシスルの使い魔が、カナリア隊を監視しています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

カブルーが、もしライオスが悪魔の封印を解いてしまったらどうなるか、カナリア隊に質問しています。シスヒスは既にミスルンが喋ってしまっているので隠す気がなく、すべてカブルーに教えてしまい、パッタドルに怒られてしまいます。悪魔は、ライオス達にシスルを殺せとけしかけるだろう、そしてライオスが新たな迷宮の主になる、とシスヒスは言います。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

悪魔はどんな願いも叶えられるが、ライオスが興味のある願いは魔物です。魔物との交流、最強の魔物を作る、人間を魔物に帰る、むしろ自分が魔物になる、とカナリア隊は冗談?でライオスの願いをあげてみますが、カブルーはライオスなら全部願いそう!!と悪い予感しかしません。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

そして悪魔は迷宮の主の欲望を食い、次から次へと欲を煽り立て地上へとけしかけ、魔力や魔物を撒き散らしつつ地上への侵略を試みます。ウタヤの最後は記録に残っていないようで不明ですが、最終的にはみんな死んでしまいそうです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

カブルー達がそんな話をしている間に、ミスルンは悪魔の居場所を突き止めたようで、壁を開かせて先に進もうとします。こんな時でも、カブルーはミスルンの食事の世話をちゃんとしています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

うさぎ肉入りカレー作り

場面変わって、狂乱の魔術師の家ではライオス達が首刈りうさぎを食材にして、カレー作りに取り組んでいます。ファリンの巨体でも満足できるように、すごい量の食材をみんなで調理しています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

皆の努力の甲斐もあって、首刈りうさぎカレーの完成です。ごはんもルウもすごい量です。様々な香辛料が入っているようで、食欲を刺激します。また液体のルウは手早く大量に食えて、さらに炭水化物が血糖値をあげ眠気を誘うので、ファリンを眠らせるのに役立ちそうです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

香辛料は、オークの集落でもらった香辛料、マイヅルから譲り受けた香辛料、黄金郷でもらった香辛料、シスルの家にあった香辛料、と色々な人の協力もあって完成しました。ライオスは頭の中の皆に感謝していますが、シスルだけ勝手に自分の家の食材を拝借されたのでブチギレています。ファリンを迎え撃つためこの飯を外に運びますが、その様子もシスルの使い魔が監視しています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

シスルは何から対処する?

使い魔を通して監視していたシスルは、何から対処すればよいか悩んでいます。ファリンは翼獅子の力で、クモの巣のような捕らえられて身動きが取れなくなっています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

ミスルンからデルガルは既に死んでいると言われ、必死にその事を否定するシスルですが、そんなシスルを見たファリンはシスルの為に木の実をあげようとします。この辺は、ファリンと炎竜の魂が混ざっているのか、主(あるじ)を心配する炎竜と、マルシルの時の様に木の実を大事な人と一緒に食べたいファリンの性格が出ているようです。結局、シスルはファリンの意図がよく分からず、木の実を全部食べてしまい、ファリンはお腹を空かせてがっかりしています。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

木の実を食べた後、まずは家に帰って翼獅子を再度封印し、侵入者を殺すことに決めたシスルは、ファリンを縛っているクモの巣のようなものを破り家に向かいます。第6階層のミスルンは、家で待ち伏せして殺すつもりのようです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

ここでシスルは、デルガルとの思い出を回想しています。デルガルが幼い頃から、青年になり、大人になって父親が殺されて死を恐れている場面が描かれています。デルガルが父親を毒殺されて死を恐れるようになった辺りが、シスルが王国に「不死の呪い」をかけたきっかけのようですが、悪魔に食われているのか記憶があいまいで思い出せなくなっているようです。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

シスルは自分の家に着き、ファリンを外に待たせて翼獅子を再度封印しようと家の中に入っていきます。

© 九井諒子 ダンジョン飯 66話より

まとめ

苦労して捕獲した首刈りうさぎを食材に、今回はファリンの為のカレーを作成しました。香辛料もたっぷりと使った、巨体のファリンも満足のカレーが出来ました。しかし、センシ、しっかりとシスルの家から香辛料を盗ってましたね。ここでもダンジョン飯の為なら、センシは危険を厭いません。

また、1階でタンス達とエルフの軍勢が揉み合いになっていましたが、シュローとリンシャが迷宮の下層に落ちて行ってしまいました。カブルーの場合は、ミスルンの転移術があったので無事着地出来ましたが、シュロー達は着地できるのでしょうか。

次回、キメラ化したファリンがカレーの匂いに誘われてやって来ます。

ハルタ 2020年 volume 77に掲載されているダンジョン飯 67話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。ライ...

ダンジョン飯、最新刊9巻は発売中です。

発売中のコミック9巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

ハルタで連載中のダンジョン飯の9巻が発売されました。 今回は第57話から第62話まで掲載されています。また、おまけ モンスターよもやま...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る