【ネタバレ】葬送のフリーレン 第23話「勝利と弔い」の感想

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第23話のネタバレ、感想です。

前回、22話の記事はこちらです。自分の魔力に絶対の自信を持つアウラは、服従の天秤でフリーレンを殺そうとします。

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第22話のネタバレ、感想です。 魔力の制限 © 山田鐘人・アベ...

スポンサーリンク
google adsense

断頭台のアウラとの決着後

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

大魔族アウラとの戦い、決着

断頭台のアウラとの戦いに勝利したフリーレンは、「服従の天秤」によって操られていた英雄達の亡骸に祈りをささげています。そこにフェルン、シュタルク、グラナトが現れます。グラナトはアウラが倒されたことを知り、信じられん、まさかこんなことが…、と驚きます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

フリーレンはグラナトを見てまた捕らえられてはいけないと逃げようとしますが、シュタルクが、伯爵は全部不問にするってよ、と言うとフリーレンは逃げるのを止めます。激しい戦いであったろうにどれも大きな損傷は無い、感謝する、北側諸国の英傑達によく敬意を払ってくれた、とフリーレンはグラナトから、操られていた亡骸が傷ついていないことに感謝されます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

フリーレンはフェルン、シュタルクに、よくリュグナー達を倒した、偉いぞ、と魔族を倒した事を褒めます。フェルンとシュタルクは満身創痍ながらもフリーレンから褒められて喜びますが、フリーレンからボロボロじゃなければもっと良かったとツッコまれます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

フランメの魔導書が褒美として渡されるが…

城ではフリーレン達がグラナトから褒美として、グラナト家に代々伝わる大魔法使いフランメの魔導書が渡されていました。しかし、この魔導書は偽物でフリーレンも偽物であることは既に承知していました。フリーレンは百も承知で、これは趣味だと言って魔導書を受け取ります。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

グラナトから堅苦しい言葉遣いは無しにしようと言われますが、魔王討伐の旅立ちの時に王様にタメ口を叩いて痛い目に会っているので、とフリーレンは言い断ります。それを聞いてシュタルクは死罪だなんて大袈裟な、と笑いますが臆病なシュタルクは冷や汗をかいてビビります。そこに斧を持った男が部屋に無言で入ってきて、マジかよぉぉぉッ!!!とシュタルクは大声で叫びます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

しかし、斧を持った男は裏庭の木を切っていた庭師で、ただ裏庭の木を伐り終えたことをグラナト伯に報告に来ただけでした。フェルンがシュタルクに声を掛けますが、ビビりすぎてシュタルクは気絶してしまいます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

そして、街で歓迎を受けたり、傷の治療を施してもらったり、街の皆で英雄達の亡骸を弔ったりと、街で暫く過ごします。そして、街で旅立ちの準備も整い、再び魔王城のある大陸最北端のエンデを目指します。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

グラナトに門まで送ってもらいますが、送ってもらっている途中に今は北部高原の情勢がだいぶ悪く人の往来が制限されていると、フリーレン達は教えてもらいます。冒険者の場合でも一級魔法使いの同行が必要と聞かされますが、フリーレンは一級魔法使いという言葉を知りません。一級魔法使いとは大陸魔法協会が認定する魔法使いの資格で、フェルンも聖都で三級魔法使いの認定を受けていました。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

魔法都市オイサーストを目指して

シュタルクから、流石の俺でも大陸魔法協会は知ってる、少なくとも半世紀以上前からあるぜ、と言われてしまいますがフリーレンは、全然最近じゃん、と言い、困るんだよね、頻繁に管理の基準を変えられちゃうと、と文句を言います。グラナトから、北側諸国最大の魔法都市オイサーストで一級試験が受けられる場所があると教えられ、そこを目指すことにします。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

グラナトに門まで見送ってもらい、フリーレン達は旅立ちますが、歩き出すと雪が降ります。フリーレンは、ここら辺の冬は厳しいから気を付けてね、舐めていると死ぬよ、と二人に警告します。そんなに危ないんですか?と、フェルンが冬の厳しさが分からないと言うと、魔王軍との戦いで最も多くの人を殺したのは、北側諸国の冬だよ、とフリーレンは冬の恐ろしさを教えます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

そして、シュヴェア山脈を目指しますが、すぐに吹雪の中迷ってしまいます。フリーレンは一度辿った道に迷ってしまい、シュタルクは既に雪の中倒れてしまっています。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 23話より

まとめ

前回で断頭台のアウラとの戦いも決着し、次は魔法都市オイサーストに向けて旅立ち、という回です。エンデの南、北部高原を往来するには一級魔法使いに認定されている必要があるようですが、フリーレンは一級魔法使いの資格自体を知りません。魔王を討伐した頃は、今とは資格を管理する団体が違っていたみたいで、しょっちゅう変わる資格を一々取ってらんないよ、とフリーレンは言っています。今は大陸魔法協会が管理しているそうですが、魔王討伐後に出来た団体のようで、どんな団体なのか気になります。

次回、エルフの武道僧(モンク)と避難小屋で出会います。

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第24話のネタバレ、感想です。 前回、23話の記事はこちらです。断頭台のアウ...

最新刊、葬送のフリーレン 3巻です。

発売中のコミック 3巻のネタバレ、感想も書いています。

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第3巻のネタバレ、感想です。 3巻は、第18話から第27話までが掲載されています。 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る