【ネタバレ】葬送のフリーレン 第6巻のネタバレ、感想

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第6巻のネタバレ、感想です。

6巻は、第48話から第57話までが掲載されています。

前巻、5巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第5巻のネタバレ、感想です。 5巻は、第38話から第47話までが掲載されています。 ...

スポンサーリンク
google adsense

6

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第48零落の王墓

第二試験は北側諸国、零落の王墓の迷宮攻略を行うことになります。合格条件はただ一つ、零落の王墓の最深部まで辿り着くことで、辿り着いた者は全員合格となります。最深部まで辿り着いたという証明には、試験管のゼンゼが一緒に零落の王墓に潜り確認してくれるとのことです。試験が開始されると、受験生同士で協力する者、一人で迷宮に潜る者などが出てきます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第49迷宮と魔道具

零落の王墓に潜ったデンケン達ですが、多数の罠がさっそく作動し一人閉じ込められてしまいます。結局、閉じ込められたレンゲは脱出用のゴーレムを使って迷宮を脱出しますが、脱落となってしまいます。一方、魔導書に目がくらんでミミックの罠にはまってしまったフリーレンは、フェルンに引っ張ってもらいますがなかなか抜け出せません。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第50水鏡の悪魔(シユピーゲル)

最深部が近くなってくるとこの迷宮の主、水鏡の悪魔(シユピーゲル)が作り出した複製体が現れます。水鏡の悪魔(シユピーゲル)は迷宮に入り込んだ人物の記憶を読み取り、対象者の複製体を作り出します。ユーベルとラントは、ユーベルの複製体に追い詰められて苦戦します。特にラントは、ユーベルの複製体に重傷を負わされて脱出用のゴーレムの瓶を抜き取れてしまい絶体絶命です。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第51迷宮戦闘

水鏡の悪魔(シユピーゲル)は、フリーレンの複製体も作り出します。実力も魔力も技術も完璧に模倣されたフリーレンの複製体が迷宮の最深部の手前の扉の前にいるため、受験生の誰も最深部まで辿り着けないでいます。格上の魔法使いを倒すとしたら、拘束魔法か、精神操作魔法だ、とリヒターは言いますが、フリーレンにはどちらの魔法にも耐性があり通用しません。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第52作戦会議

フリーレン達が集まって作戦会議をしていると、ゼンゼの複製体に襲われていたドゥンストが扉の前の部屋に辿り着きます。ドゥンストの情報を元に作戦を考えていると、ラヴィーネとカンネも扉の前の部屋に辿り着き合流します。ラヴィーネの情報も入手し水鏡の悪魔(シユピーゲル)を倒すための作戦を全員で考えていると、フェルンはある考えを思いつきます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第53人間の時代

フリーレンの複製体を倒すための作戦を立てたフリーレン達ですが、全員で戦った場合大半が死んでしまう可能性が高いと判断し、フリーレンの複製体と戦うのはフリーレンとフェルンの二人のみとします。他のメンバーは複製体に挟み撃ちされないように、フリーレンの複製体以外の足止めに専念します。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第54大体なんでも切る魔法(レイルザイデン)

フェルンの一般攻撃魔法(ゾルトラーク)はフリーレンの複製体に直撃しますが、フリーレンの複製体は魔法で防御します。フリーレンの複製体は隙を見せず、フェルンは決定打を与えられません。一方、他の複製体を相手にしていたラヴィーネとリヒターは、ゼンゼの複製体の奇襲を受けて重傷を負ってしまいます。やむを得ずラヴィーネとリヒターは、脱出用のゴーレムで迷宮の外に脱出します。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第55第二次試験終了

ゼンゼの複製体はユーベルが撃破し、フリーレンの複製体以外は順調に撃破していきます。しかし、倒したはずの複製体が徐々に復活していき、再び受験生に襲い掛かります。どうやら水鏡の悪魔(シユピーゲル)を倒すまで、複製体は倒しても復活してしまうようです。一方、フリーレンの複製体と戦っているフリーレンとフェルンですが、フェルンは魔力探知の隙を見抜けず苦戦しています。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第56フェルンの杖

水鏡の悪魔(シユピーゲル)を倒し、無事第二次試験に合格したフリーレン達は街で休息を取っていました。フェルンは零落の王墓での戦いで壊れてしまった杖を直そうと考えていましたが、フリーレンから古い杖は捨てて新しい杖を買った方がいいと言われてしまいます。しかし、フェルンの杖はハイターから貰った思い入れのある杖で、捨てた方がいいと言ったフリーレンにフェルンはブチギレてしまいます。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

第57第三次試験

1級魔法使い試験の第三試験が始まるはずでしたが、大陸魔法協会にはフランメの師匠・ゼーリエが出向いていました。ゼーリエは第二試験の合格者が12名と多すぎると言い、異例に拝礼を、第三試験は私が担当する、平和的に選別してやる、とゼーリエは言い出します。従来の担当だったレルネンに異論はないかゼーリエが聞くと、私はフリーレンを試す器にないので構わない、とレルネンは返事をします。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

おまけ おっさんと言われ落ち込むリヒター

第52話の作戦会議時にラヴィーネに『おっさん』と言われて、その時は平静を装っていたリヒターですが、内心はかなりショックだったようです。それなりにおっさんと言われた事を引きずってしまい、デンケンにそっとしておいてやれ、と言われています。

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 6巻より

まとめ

6巻では、1級魔法使い編の第二次試験と、第三次試験の一部の様子が収録されています。

第二次試験では零落の王墓の迷宮攻略を行っています。前人未到のダンジョンという事で、難易度は高く多数の罠だけでなく、迷宮内にいる人間の複製体まで出てきます。この複製体は魔力だけなく技術も複製していて厄介ですが、フリーレンの複製体まで出てきて受験生を苦しめます。

第三次試験ではフランメの師匠・ゼーリエが試験を担当しますが、面接する受験者を片っ端から不合格にしていきます。果たしてゼーリエの面接で合格者は出るのでしょうか。

6巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る