【ネタバレ】呪術廻戦 第166話「東京第1結界(コロニー)⑥」あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第166話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。

【ネタバレ】呪術廻戦 第165話「東京第1結界(コロニー)⑤」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第165話のネタバレ、感想です。   虎杖、裁判のやり直しを請求 「天才」日車寛見 日車寛見は、T法学部受験、法科大学院導入前の旧司法試験などあらゆる難関をストレートで通過する「天才」で...

 

スポンサーリンク

日車、虎杖にポイントを譲渡

日車寛見の回想

冒頭、日車がまだ司法修習生だった頃の回想です。吉沢という人物から声を掛けられ、日車は立ち止まり、吉沢と会話を交わしています。

吉沢から、裁判官を目指してみないか?と、日車は言われたところで、回想は終わります。そして前回の続きから始まり、ジャッジマンが虎杖に「有罪」「没収」「死刑」を宣告します。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

その後、日車が持っていた武器が「処刑人の剣」へと変化します。「処刑人の剣」で斬られると、ジャッジマンから科される最も重い罰、「没収」を付加された「死刑」が斬られた者に科されるようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

処刑人の剣

「死刑」が科される「処刑人の剣」で斬られると、死刑なので例外なく必ず死に至ってしまうようです。日車は人の心に寄り添って弁護をしてきましたが、被害者の弱さや加害者の弱さに毎日触れてきて、ずっと食傷気味でした。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

そして、日車は他人に歩み寄る度に他人の弱さを醜い、と思うようになってしまっていました。日車は虎杖に、人は皆!!弱く醜い!!オマエがどんなに高潔な魂を望もうとも!!と、叫びます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

さらに、その先には何もない!目の前の闇はただの闇だ!!明りを灯した所で!!また眩しい虚無が広がっている!!と、日車は自分の想いを虎杖に叫びます。虎杖は日車が叫んでいる隙に、椅子を掴んで何個も日車に対して投げつけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

投げつけた椅子が日車の死角となり、虎杖の姿は見えなくなります。その死角を利用して虎杖は移動し、さらに上着も日車に投げつけて日車の虚を突きます。そして、虎杖は自分のTシャツも虎杖に投げて日車の視界を遮ると、日車の足を取りにいきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

再び日車寛見の回想

しかし、日車は虎杖の動きを呼んでいたのか虎杖の手をかわすと、「処刑人の剣」で虎杖に斬りかかり、虎杖も日車に殴りかかろうとします。

ここで再び日車の回想に戻り、日車は吉沢からの裁判官を目指してみないか?という誘いを断ります。出世に興味のない自分には向いていない、と日車は理由を答えますが、実際はこの時までは日車は人の弱く醜い部分、他の生物にはない、その穢れこそを尊ぶべきだと考えていたようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

そして日車は虎杖に、何故罪を認めた……!!と、心の中で問いかけます。ここで、ジャッジマンから提出された証拠の情報は、実は開封前から日車には共有されていたことが明かされます。つまり日車は宿儺の事を知っていて、宿儺が渋谷での大量殺人を行い、虎杖は大量殺人を犯していないことを分かっていました。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

日車は、何故だ!!と、自問自答した後、術式を自ら解き「処刑人の剣」を消し去ります。そこに虎杖の拳が日車の腹に入り、日車は吹っ飛ばされてしまいます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

日車、戦意喪失

虎杖は急に日車が戦う意思を失くしたことに混乱しますが、渋谷での虎杖は宿儺に肉体を乗っ取られていた、つまり制御能力がなかった、と日車は言うと、無罪だ、君に罪はない、と虎杖に断言します。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

それでも虎杖は自分のせいだと言い、自分が弱いせいだ、と自分自身を責めます。そんな虎杖に日車は少し心が救われたのか、椅子に座るように言います。そして、自分の持つポイント、100点を譲渡すると虎杖に話しかけます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

虎杖が椅子に座って上着を着ていると、自分の意思で人を殺めたことはあるか?と、日車は虎杖に問いかけます。虎杖は、…あるよ、と答えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

 

虎杖の答えを聞いた日車は、裁判所で自分が殺した裁判官と検事を思い出しながら、最悪の気分だったろう、とつぶやきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 166話より

まとめ

虎杖と日車の戦いですが、最後は日車が戦意喪失という形で戦いを止めて決着しました。虎杖は最終的に、目的だったルール追加の為のポイント、100点を手に入れることが出来ました。

前回、虎杖は渋谷での大量殺人の罪をあっさりと認めましたが、日車はジャッジマンから提出された証拠の情報を開封前から共有していて、虎杖が罪を犯していないことを最初から知っていました。それでも自分の罪と弱さを認め、向かい合う虎杖を見て、日車は少し心が救われたのかもしれません。

 

次回、麗美に騙されてレジィがいる場所まで連れていかれた伏黒は、レジィに仲間に勧誘されます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第167話「東京第1結界(コロニー)⑦」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第167話のネタバレ、感想です。   前回の記事はこちらです。ジャッジマンから死刑の宣告を受けた虎杖は、最も重い罰「死刑(デス・ペナルティ)」を科されます。 伏黒とレジ...

 

最新刊20巻を購入される方は、こちらから。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

発売中のコミック20巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 20巻 仙台結界-宴半ば- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の20巻 仙台結界-宴半ば- の感想、ネタバレです。 20巻は、第172話から第180話まで掲載されています。 前巻、19巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました