【ネタバレ】呪術廻戦 第194話「桜島結界(コロニー)④」あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第194話のネタバレ、感想です。

 

前回の記事はこちらです。真希と加茂憲紀は連携して直哉を攻撃します。

【ネタバレ】呪術廻戦 第193話「桜島結界(コロニー)③」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第193話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。加茂憲紀は赤血操術で操った弓矢で、直哉を攻撃し真希をアシストします。 術式「投射呪法」を使いマッハの速度へ...

 

スポンサーリンク

新たな乱入者が2

真希は重傷

マッハ3の速度で体当たりされた真希は、地面にめり込むぐらいの衝撃を受けて重傷を負います。直哉は重傷を負った真希に、大人になると出来なかった時のことなんて思い出せない、今はそんな感じだ、と馬鹿にしたように言います。一方、真希達から離された加茂憲紀は、真希がいる場所へと移動しています。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

真希はそんな直哉に、オマエが大人だったことがあんのかよ、と言い返しますが、真衣ちゃんに聞いてみよか?と、直哉は真依の名前を口にして真希を煽ります。真依の名前を出されて真希は激怒し、体を起こして直哉を攻撃しようとします。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

そこに加茂憲倫の弓矢による攻撃が来て、直哉に体に弓矢が刺さります。直哉が弓矢を気にしている隙に、真希は直哉を蹴って攻撃し、直哉から距離を取ります。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

直哉は赤血躁術で攻撃

さらに加茂憲紀は赤血躁術で直哉を攻撃し、直哉はダメージを負います。直哉は加茂憲紀が大量の血を使って攻撃してきたことに、この量……失血で死んでまうやろ、と驚きます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

直哉は、加茂憲紀が外に出して操った血液も循環させて、また体に戻している事に気付き、これなら失血死はしないと納得します。それでも加茂憲倫はかなりしんどいはずで、しんどいやろ、死ぬで憲紀君、と直哉は加茂憲紀に話しかけます。加茂憲倫は直哉には答えず、真希にいったん外に出るように言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

真希の勝算は2割

しかし、真希は結界の外に出ることを拒否し、少し休んで傷を癒す、5分くれ、と加茂憲紀に言います。勝算はあるのか?と、加茂憲紀に聞かれて、8:2と真希は答えます。真希の勝算が2割とのことですが、充分だ、と加茂憲紀は答えます。5分で死ぬんじゃねぇぞ、と真希は言いますが、約束できない、と加茂憲紀は答えます。加茂憲紀は次期当主でなくなったため、自分の生死はもう、さしたる問題ではない、と考えているようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

直哉は加茂憲紀を攻撃しようとしますが、赤血躁術で操った血で攻撃を防がれます。真希は傷を癒すため場所を移動していて、直哉は真希がいないことに気付きます。こうなると気配もまるで分らん、その辺は甚爾君と同じやね、と直哉は真希の気配が分からないとつぶやきます。スピードは他に類を見ないが、固さに関しては花御よりは大分ましだと加茂憲紀は思い、トップスピードを出す時の亀のように丸くなった状態の時のみ、自滅しないように硬度が跳ね上がると分析します。そして、その反動・縛りで普段の硬度はそれ程でもなく、現に呪霊にとって有毒な赤血躁術者の血に直哉が反応している、と加茂憲紀は考えます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

そんな分析をしていると、直哉は触手のような腕で加茂憲紀を攻撃してきて、加茂憲紀は攻撃をくらってしまい吹き飛ばされます。さらに直哉の体当たりもくらってしまい、加茂憲紀からは骨が複数、折れるような音が聞こえてきます。重傷を負う加茂憲紀ですが、直哉の頭の部分に自分の血を吹き付けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

命を燃やして、「穿血」で直哉を攻撃

吸入口に血を吹き付けられ、直哉は加茂憲紀から距離を置きますが、加茂憲紀は穿血で直哉は攻撃します。何度も赤血躁術で攻撃してくる加茂憲紀が鬱陶しいようで、うっざ!!!と、直哉につぶやきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

加茂憲紀は、当主に成り損なった私を母親は責めるだろうか?あの家に母親の居場所を作ってやれなかった、と母親の事を想いながら直哉と戦い続けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

しかし、穿血は直哉にはあまり効かなかったようで、体当たりでさらに加茂憲紀を攻撃します。傷がどんどん増えていき、加茂憲紀は今にも死んでしまいそうな状態になっていきますが、誰にも必要とされないならば命を燃やせ、と加茂憲紀は自分に言い聞かせるように頭の中でつぶやくと、直哉への攻撃を続けます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

 

仲間達が命を燃やすのはせめて私の灰の上で……、と加茂憲紀は頭の中でつぶやき、死を覚悟して直哉に立ち向かう姿勢を見せます。しかし、加茂憲紀はもう限界に見えますが、その時2人のプレイヤーが乱入してきます。

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

カッパ?と着物姿の老人が乱入

新たなプレイヤーの内の1人はカッパのような頭をしていて、相撲だぁーーー!!!と、叫んでいます。もう1人のプレイヤーは着物姿の老人で、刀ぁーーー!!!と、叫んでいます。突然、加茂憲紀と直哉の戦いに乱入してきた2人、一体何者でしょうか?

© 芥見下々 呪術廻戦 194話より

まとめ

前回、マッハ3の速度まで加速した直哉にやられてしまった真希ですが、かなりの重傷のようで、傷を癒すため加茂憲紀に戦闘を任せてどこかに身を隠します。真希が傷を癒している間、加茂憲紀は直哉と戦闘をしますが、状況は劣勢で加茂憲紀は今にも死にそうな状態になっています。母親の事を想いながら、加茂憲倫が決死の覚悟で戦っていると、突然乱入者が現れます。しかし、叫んでいる内容は2人とも意味不明、乱入する前に何をしていたのかも全く分からず、この2人が何者なのか、今のところ全く不明です。

このまま加茂憲紀が戦うと、直哉に殺されてしまいそうなので、この2人が直哉と戦うのかもしれませんが、この2人の正体は次回の話を待ちたいと思います。

 

次回、謎の乱入者が真希の呪具の刀を使って、直哉に斬りかかります。

【ネタバレ】呪術廻戦 第195話「桜島結界(コロニー)⑤」あらすじ、ネタバレ
週刊少年ジャンプに掲載されている、呪術廻戦 第195話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。直哉のマッハ3の速度での体当たりで、真希は重傷を負います。 甚爾や大道に見えていて、真希に見えていないもの...

 

最新刊、20巻を購入される方は、こちらから。
こちらはKindle版です。

こちらはコミックス(紙)です。

発売中のコミック20巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 20巻 仙台結界-宴半ば- のネタバレ、感想
週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦の20巻 仙台結界-宴半ば- の感想、ネタバレです。 20巻は、第172話から第180話まで掲載されています。 前巻、19巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。 2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました