【ネタバレ】ランウェイで笑って12巻のネタバレ、感想

マガジンで連載中のランウェイで笑っての12巻が発売されました。

今回は第96着目から第104着目まで掲載されています。

スポンサーリンク
google adsense

12

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

96着目 ニューヨーク

柳田 一のニューヨークを会場にした、カプセルコレクションが始まろうとしています。三国と育人もスタッフとしてニューヨークの会場に来て、コレクション前のパーティーに参加しています。社長の綾野 麻衣もパーティーの会場で、知り合いのモデル事務所関係者やファッション誌「Ocelot(オセロット)」 副編集長と挨拶を交わしています。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

97着目 いつかきっと

柳田 一のカプセルコレクションが始まり、育人が一番苦戦した服が最初の一着目として披露されますが、その服をモデル三人が3着同時にランウェイ上で着替え始めます。この案は育人が考えたようで、モデルの三人は白人、黒人、さらに少し年上の人物と人種など特徴が異なる人物が選ばれています。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

98着目 モード

育人の考えは見事に的中して、柳田 一のコンセプトは観客に伝わり好評で、服も予定生産数を売り切れました。さらに「Ocelot(オセロット)」の副編集長から、「Ocelot(オセロット)」紙上で柳田 一の特集を組む前提でインタビューを受けてもらえ、本番のミラノ・コレクションでの注目度を上げる目的も果たせます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

99着目 撮影終わり

柳田 一のカプセルコレクションは成功し育人たちが日本に戻って生きた頃、千雪は順調に仕事を増やしていてモデル以外の仕事も増えていきます。映画の撮影で主役からデートに誘われたり、街中で握手したりされて知名度も少しずつ上がっていっていますが、千雪の目標は立派なモデルになる事です。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

100着目 悪い知らせ

柳田 一のカプセルコレクションの成功が評価され、育人は佐久間のラインでデザイナーをやらないかと社長の綾野 麻衣から言われ、育人は二つ返事でデザイナーを引き受けます。一方、育人からデザイナーをやらしてもらえることになった事を報告した時、今度は千雪に東京ガールズコレクションからオファーの連絡があり、二人は大喜びします。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

101着目 か細い糸

千雪が大喜びしている頃、千雪の父親には悪い知らせも同時に来てしまい、ミルネージュの親会社、エミープロダクションの社長 相澤 航から、ミルネージュはなくなると言われます。新しい業務提携先との都合で、モデル会社は必要なくなるためです。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

102着目 親バカ

昔、ミルネージュの経営が傾き、エミープロダクションに子会社として受け入れてもらうことになった時のお話です。当時、千雪は10歳で身長は160cm手前まで伸びていて、父親でミルネージュの藤戸社長は千雪がパリコレに出れると思い、綾野 麻衣と接触してコネクションを持ちショーに出る機会を貰えないか交渉しようとします。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

103着目 ミルネージュ

「Ocelot(オセロット)」の初代編集長 オリヴィア・キャリーの逆鱗に触れてしまい、名前と顔を控えられた藤戸社長は、ミルネージュからパリコレに出す芽がなくなってしまいます。今回、業務提携を機にミルネージュがなくなりそうになった藤戸社長は、無理を承知で育人に千雪を頼もうと考えます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

104着目 VS.(バーサス)

育人は千雪に負けない、世界を変えられるような、パリコレに出れるようなデザイナーになりたい、一緒に千雪とパリコレに出たい、と藤戸社長に宣言します。その夢をかなえるため、早く自分のブランドを持ってパリコレへの足掛かりにしたいと考えるようになります。綾野 遠とシャルロット・キャリーの合同会見にも触発され、育人はいきなりアプロに辞表を出して独立しようと考えます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 12巻より

まとめ

ニューヨークを会場にした、カプセルコレクションに一員として出場した育人は、自分の能力や、未来を察する素質を認められデザイナーに抜擢されます。さらに新たな目標・夢、千雪と共にパリコレクションに出展する、が明確になります。

順調に柳田 一のカプセルコレクションが成功し、デザイナーにもなれるかと思いきや、ミルネージュがなくなりそうだったり、綾野 遠はまだまだ先の存在だったりと、育人には前途多難そうですが、次の合同展示会でどう展開するか。アニメ化も決まり、期待はますます膨らみます。

12巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

TVアニメの公式Twitterです。気になる方、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る