【ネタバレ】TVアニメ ワールドトリガー 9話「隊長」のネタバレ、感想

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。

前回 8話の記事はこちらです。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

スポンサーリンク
google adsense

隊長

三雲はヒュースがガロプラのレギンデッツを撃退した例を挙げて、ヒュースが戦力になりうると利得を説明しますが、それは玉狛第2の利得だと言われます。ボーダー上層部の反応が良くない中、俺が遠征のリーダーだったらヒュースは遠征に連れて行きたくない、リスクが大きい、という意見を林道が言い上層部の反応はさらに悪くなります。

しかし三雲は、ネイバーフッドへの遠征にこそネイバーを同行させるべきだと言い、遠征で立ち寄る国々は未知の世界で、そこに案内役を連れて行けば滞在はずっと安全になる、と言います。ヒュースにその現地での案内役をさせる、ヒュースなら詳しいガイドが可能だと三雲は上層部に説明します。

特にヒュースはアフトクラトルに何としても戻りたいので、道中はボーダーに協力的にならざるを得ないという事情があるので、ヒュースは必ず大きな助けになる、と三雲はヒュースを連れていく理由を説明します。すると、上層部の唐沢、忍田、林道が三雲の意見に賛成し、上層部の反応が変わります。

すると、城戸が特例としてヒュースの入隊を許可しようと言い、三雲はボーダー上層部にヒュースの玉狛第2への加入を認めさせることに成功します。しかし、城戸からも条件が提示され雨取を遠征に借り受けたい、と条件が玉狛に提示されます。

雨取を遠征に借りる

遠征にトリオン能力が高い人間がいれば、遠征艇の停泊日数を大幅に減らしたり、遠征艇のつくりを大きくして乗員数を増やしたり出来る、と鬼怒田は雨取を連れていく理由を挙げます。

しかし、その場合玉狛第2が遠征部隊に選ばれなくても、雨取だけは遠征に連れて行くことになります。その場合は機関員のような存在として扱われますが、雨取自身はそれでもいいです、と言い条件を了承すると言います。

すると、これで次の話ができる、と城戸は言い、次の遠征部隊選抜試験までの間に玉狛第2がA級になることはできない、と城戸は断言します。次の遠征は長大なものになり、遠征部隊の訓練と研修の期間を長く取りたいため、遠征部隊選抜試験の日程を通例より早めることにした、と城戸は言います。そのため、A級挑戦の条件を満たしても、昇格試験を行う時間がない、と玉狛第2がA級になれない理由を城戸は説明します。

ヒュースの加入が決定

しかし、雨取の参加が決まったことで遠征艇の定員を増やすことができ、A級隊員だけなくB級からも数隊、さらに幾人か遠征隊員を選ぶことになるだろう、城戸は言います。そこで、選抜試験開始まで残されたB級ランク戦はあと3試合、あと3試合以内にB級2位以内を目指すように、城戸から言われます。三雲はヒュースの加入をボーダー上層部に認めさせることに成功します。あと3試合で結果を出さなければならず、三雲は思ったより時間がない、とつぶやきますが、ヒュースは問題ないと言い、必ずこのチームを遠征に連れて行くと約束します。

事情を聞いた小南は、遠征選抜試験に通って雨取一人で遠征に連れていかれないようにしなさいと三雲達に言い、ヒュースにもちゃんと働くように言います。

B級ランク戦 ROUND6当日

そして、B級ランク戦 ROUND6当日、玉狛第2は作戦室で今日の相手、生駒隊と王子隊のデータをおさらいしています。今日はヒュースの入隊式当日でもあり、ヒュースは入隊式で出ているため、今日の試合には出られません。生駒隊と王子隊は編成が似ていて、どっちもアタッカーが二人にシューターが一人ついて、さらに生駒隊にはスナイパーがついています。特に生駒隊の隊長・生駒はボーダー随一の旋空弧月の使い手で、要注意です。

生駒隊の得戦法は、4人部隊の数の有利を活かした多角的な攻撃です。生駒隊は作戦室で、空閑、三雲、雨取の対策を話し合っています。生駒隊の面々はふざけあいながらも、各自どう行動するかを確認します。

王子隊は基本、3人で行動し全員がハウンドを装備してアタッカーもガンガン使ってきます。MAP選択権を持っている王子隊は、作戦室で本日のMAPの説明をしています。王子隊の隊長・王子は今回、「市街地A」のMAPを選択します。

まとめ

9話の内容は原作だと、17巻 148話「雨取 千佳⑥」から17巻150話「玉狛第2⑮」までになります。

ワールドトリガー 17巻には、第143話から第151話まで掲載されています。 17巻の収録内容 第143話 三雲 修⑭ 柿崎隊...

三雲はヒュースとの約束通り、ヒュースの玉狛第2への加入をボーダー上層部に認めさせます。代わりに玉狛第2は、残り3試合でB級2位以内を目指す必要が出てきますが、ヒュースは必ずこのチームを遠征に連れて行く、約束します。

そして、B級ランク戦 ROUND6当日になります。ヒュースは入隊式に出席していて、ヒュースがB級ランク戦に参加するのはROUND7以降になります。分割2クールなので、2ndシーズンはROUND6を最後までやって終わりそうですね。ROUND7以降のランク戦は、3rdシーズンになりそうです。

10話「上位」

10話「上位」の記事です。

TVアニメ、ワールドトリガー 2ndシーズンのネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくネット配信でも視聴出来ます。 ...

アニメ ワールドトリガー 2ndシーズンの放送開始が決定しました。2ndシーズンの内容を予想しています。

ワールドトリガーのアニメ新シーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンとして、2021年1月9日(土)か...

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る