【ネタバレ】ワールドトリガー 212話「遠征選抜試験⑩」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2021年10月号に掲載されているワールドトリガー 212話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。三雲の部隊の初日暫定順位が分かり、香取は怒りの表情を浮かべます。

ジャンプSQ 2021年9月号に掲載されているワールドトリガー 211話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。三雲の...

スポンサーリンク
google adsense

古寺の気がかり

諏訪に連絡して確認

古寺は諏訪に、諏訪7番隊の個人スコア表について知りたいことがあると連絡します。ちなみに、通信デバイスは元の部隊のチームメイト以外となら、自由に連絡が取れるそうです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

古寺は『A級評価』の点数が知りたいようですが、諏訪は、それ教えてうちに何の得があんだよ、と言い教えるつもりはないようです。小寺は自分の部隊の得点も教えますよ、と取引しようとしますが、諏訪はうちが最下位の部隊だから取引しても安全だと思ってんだろ、コラ、と言い、教えるつもりが無いように見えます。小寺も図星のだったようで、しばらく沈黙が続きます。しかし結局、諏訪は、自分が+22点で、他の面子(香取以外)が大体15点前後、と大体の得点を古寺に教えます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

諏訪は古寺に、教えて欲しいのか取引したいのかハッキリしろ、取引したいならもっと相手が食いつくネタ用意しとけ、と言い、通信を終えます。小寺はその後、来馬にも連絡し来馬5番隊の『A級評価』の点数を聞きます。ここでは、古寺は『A級評価』の点数を知りたい理由を言います。小寺は、自分の部隊の『A級評価』の点数が自分以外、不自然に低いような気がしていて、そこを気にしていたようです。小寺6番隊は、議論が長引かないように時間を制限していましたが、そのせいで時間が短くなった分、A級が評価を付ける個所も減ったのかな…、と推測しているようです。来馬は自分の部隊の得点を、平均13点と教えますが、それを聞いた古寺はやはりうちの部隊は平均一桁で低いと気にします。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

来馬は古寺のやり方は、実践的なやり方で時間を共通課題とかに時間を多く使えると評価しますが、古寺は来馬との会話を終えた後も『A級評価』の点数を気にします。その後、古寺は柿崎3番隊、若村11番隊、村上10番隊にも連絡して、『A級評価』の点数を聞いています。小寺は三浦や木虎に、『A級評価』の点数は別計算でもカウントされているのかもしれない、と自分の推測を話します。三浦は、古寺が責任感じるようなことでもないと思うよ、と言い、木虎、他の部隊より時間を効率的に使えたはずです、とこのままの方針でいいと言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

しかし、古寺はもし『A級評価』の点数が別計算だとしたら、後になるほど取り返しがつかなくなる…、と悩み始めてしまいます。そのようすをモニター室で見ていた加古は、迷いが顔に出過ぎ、とマイナス評価を付けます。しかし喜多川は、みんなのことをかんがえてる、とプラス評価を付けます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

結局、奥寺から古寺が気になっているなら、やり方をかえればいいんじゃねーの?と、いう提案で、やり方を変えることにします。議論が長引かないように時間を制限するのではなく、『A級評価』を意識して積極的に考えたことを言う方針、へと変更し、古寺6番隊は夕食を取ります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

王子2番隊の夕食はイコメシ

王子2番隊は、生駒が調理した夕食「イコメシ」が好評で、生駒も評判の良さに感動しています。生駒は以前、迅や柿崎にモテる趣味を相談していて、料理と迅から言われた事で料理の腕を磨いていたようです。生駒は、迅……ありがとう……、と涙を流して喜び、王子は、これは想定外の戦力だ、やっぱりイコさんは面白いね、とつぶやいています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

一方、モニター室では、各隊のご飯について議論していて、7日分の献立を初日に決めたのが、3番隊の柿崎と藤丸、7番隊の諏訪と宇井、9番隊の今、とそれぞれチェックしています。料理の腕に関しては、9番隊の今が一番のようで、草壁隊の佐伯 竜司が超うまそうと言っています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

諏訪7番隊は、朝食用にホームベーカリーで食パンの用意をしています。その後、21時になりオペレーター専用へのドアが開き、宇井がオペレーター部屋へと入っていきます。そしてその後、順番に入力でまずは三雲がシャワーを浴びて、順にお風呂をすませます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

若村11番隊

若村11番隊でも、お風呂を順番に入っていきますが、ヒュースは、オレは朝でいい、と夜にお風呂に入るのを断ります。これは、トリオン体でなくなるとツノが隠せなくなり、正体がバレてしまうので、ヒュースが考えた作戦のようです。トリオン体のままではトリオンが回復しないので、生身にならないといけませんが、運営は自力で対応しろと言ってきています。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

そこでヒュースは、カナダ人は個室じゃないと寝れないんだ、と言い張り、一人部屋を使わせてもらう、と全員に言います。若村11番隊のメンバーは、ヒュースの強引過ぎる言い訳に、全員本当かと疑問を抱きます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

しかしヒュースは、それは間違ったカナダ人のイメージだ、本物のカナダ人は常に個室で寝る、とまたも強引な事を言います。ヒュースは、ずっとカプセルベッドでもいいと言い、若村も生身では言葉は通じないということで、ヒュースは個室を手に入れる事に成功します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

諏訪7番隊は、香取が頭を使って疲れたといったこともあり、早めに上がることにします。隠岐が寝る前にパネルに手をかざして、電源をMAXまでチャージします。そして、各々部屋へと行きます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

三雲は、今日の遅れを明日は絶対に取り戻そうと、寝る前に考えてくると、諏訪が三雲に話しかけてきます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 212話より

まとめ

古寺の気がかりは、『A級評価』の点数の割合が小さすぎて、別計算でカウントされているかも、というものでした。『A級評価』の点数が小さく成績への影響が薄いので、古寺は疑ってしまったのですが、現状は『A級評価』の点数が低いのには、特に深い意味はないように見えます。結局、古寺は6番隊メンバーの意見を聞いて方針を変えますが、これが果たして吉と出るか、凶と出るか…。

そして、就寝前に諏訪が三雲に意味深な話しかけをしていますが、どんな内容でしょうか。

次回、諏訪は三雲に、二日目の戦闘シミュ演習について話をします。

ジャンプSQ 2021年10月号に掲載されているワールドトリガー 213話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。古寺...

10月9日から、アニメ・ワールドトリガーの3rdシーズンの放送が開始されます。そして、ジャンプSQで玉狛第2の新しいキービジュアルが公開されています。アニメ・ワールドトリガーの3rdシーズンの放送開始が今から楽しみですね。こちらに記事をまとめました。

ワールドトリガーのアニメ、3rdシーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」3rdシーズンとして、2021年10月9日...

最新刊23巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る