【ネタバレ】五等分の花嫁 118話 『五月の思い出』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2020年8号に掲載されている五等分の花嫁 118話のネタバレ、感想です。

前回 117話の記事はこちらです。下田への悩み相談をきっかけに、五月は風太郎を意識し始めます。しかし、今さら自分が引っ掻き回すような真似しないと決意します。

週刊少年マガジン 2020年7号に掲載されている五等分の花嫁 117話のネタバレ、感想です。 前回 116話の記事はこちらです...

スポンサーリンク
google adsense

二乃と五月の想い

四葉の願い

前回、二乃と四葉は暗がりの教室で話し合いの続きを始めます。二乃は四葉のことがずっと疎ましかった、幼い頃からずっと仲良くやってきたなかで、四葉は一人で何も言わず突っ走っていたと言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

そして、二乃は五つ子の輪を乱し始めたのは四葉だ、と断言します。四葉は自分勝手でごめん、と二乃に謝りますが、自分の願いは風太郎とのお付き合いをみとめてもらうことだと正直の自分の願いを話します。二乃はそんな四葉に呆れますが、その時部屋の隅で物音がしますが、直後に「チュー」とネズミの鳴き声がします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

ネズミでごまかす

しかし、物音をたてたのは風太郎と五月で、ネズミの鳴き声で何とかごまかしますが、二人とも密着状態になってしまいます。こんな状態を二乃と四葉には見せられないと考えていると、風太郎が五月に急に手を伸ばしてきます。ビックリした五月は暴れてしまい、二人は再びネズミの鳴き声でごまかします。風太郎は自分が今、スマホを持っていないので五月のスマホで外に連れ出すと言いますが、五月はこの暗い教室でスマホの画面が光ったらすぐ見つかってしまうと拒否します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

四葉の覚悟

二乃はお昼休みも終わると四葉との話し合いを打ち切り帰ろうとしますが、四葉は二乃の手を掴んで止めようとします。二乃は自分なんて無視して勝手に付き合えばいいと言いますが、これは風太郎だけとの話ではないと四葉は話し始めます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

他の姉妹と風太郎のこれまでの関係を無視なんてできない、自分の願いは風太郎との関係を認めてもらう事、その覚悟を持って伝えに来たと四葉は言います。そして、それは今じゃなくていい、どれだけ時間がかかるかわからないけど…、風太郎がどれだけ好きかを見ていて欲しいと二乃に自分の想いを伝えます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

今の四葉からどんなに謝られたり説得されたとしても、自分は納得できない、分かったうえで茨の道を進むつもりかと二乃から言われます。しかし、四葉は風太郎と同じくらい姉妹の皆が好きだからと返事をし、二乃から馬鹿ねと言われてしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

二乃の宣言

二乃は、だけど四葉らしいといい四葉がまだ自分を競い合う相手としてみてくれるのかしら、と質問すると、私たちはずっとお互いを意識しながら生きていくんだと答え、時には仲間、時には敵、と四葉が言うと、ライバル…よね、と四葉に続けて二乃が言います。

そして、二乃は目に涙を溜めつつも往生際が悪いのかもしれないけど、私のフー君への気持ちは収まる気がしないのと言い、ほんの少しでも隙なんて見せたら私が彼を奪ってやるんだからと四葉に宣言します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

ごまかせてなかった二人

二乃の宣言に四葉は素直にうん、と返事をし教室に隠れている五月も、二人のやり取りを聞いて満足したように笑顔になります。ここで風太郎と五月に、ネズミの二人に出てくるように二乃は言いますが、四葉に気付いておらずビックリします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

風太郎と五月は謝りながら二乃と四葉の前に現れますが、二乃との話をずっと聞かれていたと知り四葉は顔を真っ赤にします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

そして、二乃は風太郎にさっきの話の続きを言うように、そういうことだから努々油断しないようにと煽ります。風太郎は顔に汗をかきながら、肝に銘じておくよと答えます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

五月のモヤモヤ、晴れる

その後、二乃は推薦のこと…、つい言い返してしまったと四葉に謝りますが、そのやり取りを見て五月は微笑みながら、下田の予想はハズレみたいですよ、と心の中でつぶやきます。五月の笑顔を見た二乃は五月に何笑ってんのよ、と言いますが、ずっとモヤモヤしてた感情が無くなったからかもしれませんと五月は言います。風太郎からは意味を聞かれますが、五月はあなたには秘密ですと返します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

場面変わって、赤谷学院ですが下田と五月の他に中学生女子がいますが泣いていて、会話の内容から、前回下田が言っていた恋に悩んでいる中学生女子のようで、好きな相手には既に付き合っている子がいたようです。こんなことなら好きにならなきゃよかったと言う中学生に、五月は実らなかった恋であったとしても、これからのあなたをより輝かせてくれるはずだと言います。そしてだからあなたも手放さないで、この恋の記憶を、と五月は中学生に伝えます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

が、五月はここで下田からやけに心強い言葉だと言われ、何かあったな…とツッコまれてしまいます。自分の席に逃げる五月は、自分のスマホを手に取りながら以前、公園で風太郎と零奈の格好をしてボートに乗った時の事を思い出します。五月はお守りに泣かしていますが、その後笑顔でスマホを眺める五月が描かれます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

そして風太郎に寄り添いながら心の中でおめでとう、とやっと言えた五月です。そして五月のスマホには、風太郎と五月とらいはで撮ったプリクラが貼られていて、そこにはずっと友達とかかれています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 118話より

まとめ

二乃と四葉の話し合いは二乃が四葉にライバル宣言をして、風太郎にも油断しないように煽る、という二乃らしい形で落ち着きます。

また五月も前回から、モヤモヤした感情がありましたが、二乃と四葉のやり取りを聞き、実らなかった恋でも、その恋はこれからをより輝かせてくれるはずだという、形でモヤモヤをきれいに解消出来たようです。

また、今回七つのさよなら編での謎に触れられています。6巻42話で零奈に変装した五月が風太郎にお守りを渡していましたが、その時中身に何かしているようでした。

週刊少年マガジン 2018年29月号に掲載されている五等分の花嫁 42話のネタバレ、感想です。 前回 41話の記事はこちらです...

結局、6巻50話で溺れかけた二乃を助ける時に失くしてしまっていました。これはどうやら今回五月がスマホに張っていたプリクラと同じものと思われます。風太郎が自分を認められた時に、お守りを失くしていなければ中からプリクラが出てきたのだと思います。単純に風太郎の中の零奈を消すためにやったのか、この時点では零奈=五月だと思わせようとしたのか、いろいろ推測は出来ますが…。

遅くなりましたが、週刊少年マガジン 2018年38月号に掲載されている五等分の花嫁 50話のネタバレ、感想です。 前回 49話...

次回、四葉と風太郎の、二人っきり?のデートです。

週刊少年マガジン 2020年9号に掲載されている五等分の花嫁 119話のネタバレ、感想です。 前回 118話の記事はこちらです...

コミック13巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

発売中のコミック1巻~13巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、10巻が発売されました。第78話から第86話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、11巻が発売されました。第87話から第95話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第96話から第104話まで掲載されていま...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第105話から第113話まで掲載されてい...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. K.T より:

    今回で恋愛関連のいざこざは終わりかな?
    「隙を見せたら奪ってやる」みたいな言い回しをしてる奴で
    実際奪った人って居ないから
    (俺が知らないだけかも知れないけど)
    二乃らしい後押しだな。

    P.S.
    「そもそもこんな所にネズミが居る訳無いでしょ」二乃
    脇を通り走り過ぎていくネズミ『チュー』
    青ざめる二乃「……本物のネズミ、居たんだ!?」ってシーンを
    少し見たかったかも?

    • 管理人 より:

      一花があっさりだった感じがしますが、四葉と姉妹が向き合っていく回は終わりっぽいですね。

      残り話数に余裕があれば、二乃のそういうエピソードも盛り込まれたかもしれませんね。
      私も少し見てみたいだけにちょっと残念ですが、高望みになってしまいますね。

  2. 007 より:

    五月、五月ぅぅぅぅ!
    今朝も早くからコンビニまでマガジン買いに行って先週までより早い掲載順に不意を突かれた僕です。

    秘める恋って感じで、先週と今週とで恋心を自覚して自分の中で解決した形に収まりましたね。お守りの中身はプリクラの写真だった—–。コレは四葉からのメッセージではなく、五月個人からのメッセージでしたね。ただこれ認められるようになった時より挫けそうな時に見るべきもののような気がしたけど気のせいですかね?あと、五月ちゃんやっと言えると言ってますが、そこのおめでとうは口頭で伝えるべきだと思うの(モノローグでしかまだ言ってない)。

    14巻の内容は
    114話:最後の祭りが風太郎の場合②
    115話:五通りの朝
    116話:五時間一部屋
    117話:五里霧中ランチタイム
    118話:五月の思い出
    119話:○○
    120話:○○
    121話:○○
    122話:五当分の花嫁(推測)

    と言った所でしょうか。ここで五月の名前をタイトルにぶっ込んでくるとは流石に考えてなかった。
    あと3話4話で伏線全部回収しきれるのか判りませんが、最後まで目が離せません。

    • 管理人 より:

      五月の終わらせ方は最後まで何も言わずで、これはこれできれいな形になったと思いました。
      お守りのプリクラの写真は、なんか色々な解釈が出来そうな気がして、自分の中でも今はこれとは言いきれてないです。

      あと多分4話程度で、いよいよ最終回が見えてきたので盛り上がってきた感じです。ラストに期待です。

  3. 客観的観測者 より:

    五月ちゃん、また話し方が丁寧語に戻ってしまってますよ。

    今回五月の表の命題が「風太郎を一人にしてはいけない」ことが明確になりました。
    しかしこれはあまりにも優等生すぎる回答です。本心は学年2位以下は眼中に無いという風太郎に対し、学年1位になりますと言い切った辺りにあるのでしょう。
    自分を変えてくれるかもしれない相手である風太郎が、2つの顔があるという五月が罹った母親の呪縛を打ち破れるか。
    「おなかが空きました〜> <!」と食欲に忠実な五月ですからラストに掛けてリビドーを爆発させて欲しいものです。
    それと古今、姫の呪いを解く鍵は王子様のナニなのは予定調和です。
    √5終了? 五月の本当の戦いはこれからです。

    • 管理人 より:

      確かに丁寧語やめたはずなのに、また戻ってますね。
      さすがにもう√5の可能性は低そうですが、ラストはどうなるか?

      来週が四葉(&風太郎)回とかだと、予想通りのラストに突っ走りそうですが、果たして?

  4. やっぱ三玖推し より:

    私が動かなくて済むように二人とも幸せになりなさいとの二乃らしい祝福と思いました。
    五月も心の整理がついたようで、姉妹の後処理は今回で終了、高校生活最後のイベント卒業を絡めながら、京都、鐘キスなどの伏線回収、最終話の結婚式で五等分の花嫁の意味が
    明かされるのでしょう。なるほど、と唸りながら過去話を読み返す日々が続きそうです。

    ところで五月はいつからスマホにプリクラを貼ってたんでしょうね?
    またお守りに入れたのがこのプリクラとすれば、「一人じゃない」=「私がいる」と解釈できるので、風太郎への五月の恋愛感情は実はかなり前からあったと思えます。
    不器用な子なので、やっと自覚できたのが手遅れとなった今だったかもしれませんが。
    それにしても私の印象として、連載開始以来、五月が一番可愛く見えた回でした。

    • 管理人 より:

      残り数話も、過去話に絡めてくる話があるでしょうし、過去話がまた違った視点で楽しめそうです。

      スマホには大分前から張ってあったんだと思います。らいは含め三人で映っているので、姉たちに見られてもそこまで騒がれないでしょうし。

      お守りに入れたプリクラが、「私がいる」なら確かに五月の恋愛感情はかなり前からあったんだと思います。
      が、お守りに入れたプリクラの意味がボカシ気味なので、ちょっと自信無いです。

トップへ戻る