【ネタバレ】五等分の花嫁 119話 『五つ星ツアー』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2020年9号に掲載されている五等分の花嫁 119話のネタバレ、感想です。

前回 118話の記事はこちらです。二乃と四葉は再び話し合いを始めますが、五月と風太郎が偶然バッティングしてしまいます。

週刊少年マガジン 2020年8号に掲載されている五等分の花嫁 118話のネタバレ、感想です。 前回 117話の記事はこちらです...

スポンサーリンク
google adsense

四葉、小さい頃の夢

四葉と二人でデート

風太郎と四葉は休みの日に二人でデートに出かけています。風太郎に誘ってもらって四葉は嬉しいと素直に言いますが、二人ともぎこちないです。風太郎はこの微妙な関係を終わらせる!と、今日は自分のプランで四葉をしっかりリードすると意気込んでいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

まず、風太郎が向かったのがファミレスです。四葉に好きなものを好きなだけ頼んでいいぞ!俺のおごりだ!と言っていますが、同じファミレスには他の姉妹、一花、二乃、三玖、五月が二人の様子をうかがっています。二乃は風太郎のプランに文句を言い、一花と三玖は風太郎をフォローし、五月はご飯もおいしいですといつも通り食べています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

さらに風太郎はクーポンを使い始め、二乃の文句が追加されます。先日、風太郎は四葉の覚悟を聞いてしまっただけに容易に踏み出すことが出来ず、お互いそれが分かっているから、ぎこちないと一花は言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

これからの目標や夢

続いて風太郎と四葉は図書館に移動しますが、スマホに書いてある「困った時の話題」メモを見ながら、風太郎はこれからの目標や、夢について四葉に質問します。やっぱり誰かのサポートをして、支えることが自分に合っている、そう思えたのは、風太郎がいたからだと四葉は風太郎に言います。ここでも他の姉妹たちは二人の様子をうかがっていて、二乃がじれったくてムズムズしています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

それでも具体的な目標を風太郎は聞きますが、四葉はもう忘れちゃいました!と笑ってごまかします。夢の話題から二乃の昔の夢の話になり、風太郎は日本一のケーキ屋さんと二乃が言っていたと明かしますが、たまらず二乃が二人の前に飛び出してそんなに具体的には言っていないと否定します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

二乃をなだめるため五月も二人の前に現れますが、風太郎と四葉はいつからいたのかと驚きます。五月は風太郎に割引券やスマホの件を注意すると、風太郎たちは別の場所に向かいます。五月は四葉を見ながら、もう背中をおさなくてもよさそうですね、と笑顔で2人を見送ります。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

ブランコのある公園へ

図書館を出た後、風太郎は最後に一箇所だけいいか?と、四葉と来た例のボロブランコがある公園へ向かいます。今日は風太郎の思い入れのある所に連れてってくれるはずじゃ、と言う四葉に、家族でたまに行くファミレス、よく勉強に使う図書館、そして四葉と来たその日からこの公園もその一つだと、ここも自分にとって思い入れのある場所だと風太郎は明かします。四葉は姉妹の皆を差し置いて、自分がこんなに幸せな思いをしていいのか、この選択は正しいのか、、迷っている事を風太郎に明かします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

すると風太郎は四葉にブランコから跳んでもらい、さらに四葉が跳んだ場所まで風太郎が跳べたら、聞いてほしい話があると風太郎は話します。無理をしないでくださいと言う四葉に、おもいっきり勢いをつけて風太郎はブランコから跳びます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

が、勢いをつけ過ぎてボロブランコの鎖が壊れてしまい、風太郎はボロブランコから吹っ飛んでしまいます。地面に倒れた風太郎を見て死んだのでは?と心配する四葉ですが、風太郎は生きていて、デート一つこなすことのできない未熟者の俺だが、お前の横に立って並べる男になれるよう精進すると話し始めます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

四葉へプロポーズ!

そして風太郎は四葉に手を差し出し、好きです、結婚してください、といきなり四葉にプロポーズをします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

いきなりのプロポーズに驚く四葉、赤面する風太郎です。そして、付き合う前からそんなこと言われたら引きますよ!と四葉は言います。やり直させてくれと言う風太郎にすぐに、私じゃなかったらの話ですけど!と、四葉はフォローします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

そして、小さい頃の夢…思い出しました、皆が憧れていたベタなやつ…、と四葉は風太郎に小さい頃の夢を話し始めます。

プロポーズした風太郎が差し出していた手に応えるように四葉は手を差し出し、笑顔でお嫁さんです、と自分の小さい頃の夢を話します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

そして風太郎に、いつかきっと、私の夢を叶えてください、と四葉と風太郎は約束します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 119話より

まとめ

今回は、風太郎と四葉の二人でのデートですが、結局途中まで他の姉妹四人も付いて来てしま異っています。このデートでは風太郎の思い入れのある所を回っていき、最後に四葉と行った公園に行きます。そこで、37話でも漕いでいたブランコでプロポーズを始めます。

週刊少年マガジン 2018年24月号に掲載されている五等分の花嫁 37話のネタバレ、感想です。 前回 36話の記事はこちらです...

これは、118話で一花先生の「自分の中の最大限の恋愛表現をそのまま伝えればいいんだよ」という教えに従ってしまった為に、風太郎は早まってしまったんだと思います。

週刊少年マガジン 2020年8号に掲載されている五等分の花嫁 118話のネタバレ、感想です。 前回 117話の記事はこちらです...

最後は、四葉もお嫁さんに小さい頃に憧れていたという事で、風太郎のプロポーズに応えます。これで、まだ付き合っていなかった二人ですが正式に付き合い始めたので、後は結婚式を残すのみでしょうか(まだ鐘キスとか残っているので、分からない部分もありますが)。

次回、風太郎と五つ子たちはそれぞれ進路に向かって歩き始めます。

週刊少年マガジン 2020年10号に掲載されている五等分の花嫁 120話のネタバレ、感想です。 前回 119話の記事はこちらで...

コミック13巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

発売中のコミック1巻~13巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、10巻が発売されました。第78話から第86話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、11巻が発売されました。第87話から第95話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第96話から第104話まで掲載されていま...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第105話から第113話まで掲載されてい...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. 007 より:

    今回の話が決定的過ぎて次の話が結婚式でもまるで違和感を感じず、残り3話(最終話以外だと2話)何すんだ?って思ってしまう今日この頃(過去の伏線回収していくのかもだけど)。

    個人的には今回の話、四葉はずっと風太郎の味方で支えて来た存在として挙げられてますが、別の存在として風太郎の背中を押してきた存在として五月が居ました。その五月が「もう背中を押さなくてもよさそうですね」と言っていた辺りが五月推しとしては一番気になりました。

    あとは伏線回収・・・・ですが、概ね気になるのは、鐘キスの相手(四葉当確でしょうが)、二乃の式までにピアス開けたい理由、上杉家の事情(スルーされる?)、京都の子の話(風太郎は知らないままの可能性もありますが)、あたりでしょうか?

    あと3話で終わってしまうぅぅ、毎週の楽しみが・・・最後までじっくり堪能しないと!

    • 管理人 より:

      残り数話なので、卒業式はやるとして、後は今残っている伏線回収を、例えば卒業後~結婚式前までのエピソード話でやるとかかな。。。
      伏線回収は、全部は難しいかもしれませね。

      本当にあと数話で終わってしまいますね。最後まで楽しみたいです。

      • より:

        高校時代の回想が設定なので、卒業後は描かれないのではと思います。
        ただ風太郎が四葉にプロポーズした時、三姉妹は笑顔でしたが二乃だけ寂しそうな感じなので、まだ風太郎への思いを断ち切れてないのかも。
        二乃が最後の一発逆転に掛けて動く可能性も。

        • 管理人 より:

          確かに1巻の冒頭から、高校時代の回想という形でしたね。

          ラストのところ、確かに二乃だけ微妙な表情でしたね。二乃は四葉にライバル宣言していますし、そういった展開の可能性もありそうですね。

          • より:

            考えてみれば、四人とも失恋して数日しか経過してないわけで、妹の四葉が可愛いとは言え、応援したいとは言え、二乃みたいにまだ未練が残ってるのが普通だなと思います。
            特に二乃は、露天風呂に裸になってまで風太郎に迫った程ですから、そんなに簡単に割り切れないのでは。
            三姉妹の方が物分かり良すぎ。

          • 管理人 より:

            数日で割り切ろう!とは、なかなか割り切れないですからね。
            可能性はかなり低いかもしれませんが、最終回も含めて残り数話で何か起きる可能性もあるかな?

  2. K.T より:

    ぎこちないデートだったけど
    まあ、コレはコレで良かったのかも。
    四葉の笑顔、一花のオーディションのとそっくりだな。
    当たり前と言えば当たり前なんだろうけど。

    風太郎は普通だったら大怪我だけど
    無傷なのか、凄いな。
    後は京都の子と鐘キスの種明かし位かな。
    どっちもとっくに見抜いてそうだけど。

    • 管理人 より:

      ぎこちない感じが、四葉と風太郎らしくて私も良かったと思います。

      風太郎は三玖と同じぐらい音頭音痴のはずですが、これで無傷はすごいですね。プロポーズの場面で、すり傷一つしていない(笑)。

      ここまできたら、風太郎もウスウスでも見抜いていそうですね。

  3. 007 より:

    未判明な所で言えば、

    一花:風太郎の頬の腫れ(文化祭)。一花がビンタした可能性が高い。特に説明がないが、流れで察しろと言う可能性もなくは無い。

    ニ乃:花嫁衣装を着るまでにピアス穴を開けたい→現状特に理由説明無し(結婚式で判明する可能性はある)。

    三玖:風太郎から母親の話を聞いたけど現状特に発展は無し。収録話数的にも細かい話はしない可能性もある。

    四葉:京都の話が一番大きそうだけど、1話の風太郎と花嫁の会話からすると、風太郎が結婚式まで京都の子の話を互いに明確に話してない可能性もある(ただしお互いに過去を払拭したと言う意味合いで出会ったのは高校2年と言う会話をしていた可能性もある)。
    後は鐘キス容疑者(?)最有力候補だけど、ここまで来ると誰がしたとしても変わりない可能性も考えられます。あの時のキスで意識し出したのは特定の個人じゃなく、5つ子を恋愛的な意味合いで意識し出したという大きな枠組みであったと言う意味かもという推察で、そう考えると仮に四葉が鐘キス相手じゃなくても辻褄は合うかと思われます(キスの話も五月以外は文化祭でしているので不具合はないはず)。

    五月:鐘キス容疑者その2だけど、上述の通り鐘キス=花嫁であるとは限らないと推察した為、鐘キスをしたのは五月の可能性はまだあるものと考えられます。また、風太郎から話があると言われたままなので、鐘キス、零奈関連で何かしら相談があるかもしれません。

    1巻からまだ読み直してる途中なので見逃してる伏線もあるかもしれませんが、ざっくりこんな感じでしょうか。

    駄文失礼しました。

    • 管理人 より:

      細かい話はしない可能性は十分ありそうですね。もしくは、後日コミック14巻だけに話を収録とか。

      こう見ると、鐘キスや京都関連の話はある可能性が高そうですね。

      そういえば、五月は117話で風太郎から話があるっていわれていましたね。鐘キス、京都関連と関係ないなら、これも大した話でないでスルーされる可能性が高いのかな。

  4. やっぱ三玖推し より:

    一気にプロポーズまで行くとは予想外でした。狸相手には「好きだ」しか言ってなかったですけど、先週の四葉の決意を聞いて、風太郎もけじめをつけたのでしょう。
    さて、ブランコからの飛び降りは77話でもやっていて、まだ足りないとつぶやいています。まさか、この頃から四葉に思いを募らせ、このプロポーズを考えていたとは思えないので、恐らくですが風太郎は四葉との思い出の場所、四葉との勝負事、それに勝てる可能性があるということでブランコの飛び降りを選んだと思います。またこのパターンは、試験で姉妹の一番を取れたら告白しようとした三玖に相通じるものがあり、過去話をしれっとトレースしてるなと思いました。

    鐘キスの伏線回収もしれっと終わりそうですね。鐘キスの相手が花嫁だから鐘キスの相手は四葉ですくらいで終わりかねないですね。なぜ四葉が鐘キスに及んだのかは読者の想像に任せますといったところでしょうか。(けして作者の怠慢とは言いません)
    現に、こちらのサイトをはじめ各所で鐘キスの議論が沸騰してるわけで、言い換えれば我々読者は作者の思う壺にはまったのかもしれません。

    • 管理人 より:

      まだ付き合っていないから、付き合って欲しいと言うのをいつきちっとするかと思っていたので、プロポーズまでするとはホントびっくりですね。

      見返してみると、77話でブランコから跳んでいますね。
      確かに、タイミング的にここで四葉を意識していたかはあやしいですが、最新話を見て見返すとまた見方が少し変わってきますね。

      鐘キスはずっと疑問だったのできっちと描いて欲しいのが本音ですが、いかんせん残り話数がちょっとなので中途半端になるようならしれっと終わるのも仕方ないかな・・・。

      • やっぱ三玖推し より:

        早速の返信ありがとうございます。
        一晩たって改めて考えてみると、いきなりのプロポーズは恋愛偏差値ゼロの風太郎らしく、彼なりに四葉を真剣に思ってる証と思えてきました。唐突感があるみたいなコメントをしてしまいましたが、やっぱいいですね。

        初デートではクーポン使わないは聞いたことがありますが、今の彼女との初デートでは、彼女の方がクーポンを使いまくってました。世の中には経済性が無い男は嫌、という女性もいるので今回の話を鵜呑みにしない方がいいですねwww

        ところで、あと数週間で毎週の楽しみの一つが無くなってしまうのですが、管理さんや皆さんのおすすめの漫画を教えてください。
        私は、五等分の花嫁以外では、ほのぼのラブコメの「あつまれ ふしぎ研究部」、チャンピオン連載だけどジャンプチックな「六道の悪女たち」、新シリーズが始まった「空母いぶき」ですね。

        • やっぱ三玖推し より:

          「薬屋のひとりごと」もおすすめです。同じ原作で違う作画さんがビッグガンガンと月刊サンデーで同時連載してますが、ビッグガンガンの作画さんの方が好みです。

        • 管理人 より:

          初デートでクーポン使用は現実では珍しいでしょうが、節約家の風太郎らしいですね。まあ相手の女性の性格を分かっていれば、クーポン利用もそこまでNGではないでしょう。四葉は気にしなさそうだし。

          おすすめ漫画は、このサイトでレビューで描いていますが最近では、マガジン系の「ランウェイで笑って」や、近々レビューを書こうかと考えている「東京卍リベンジャーズ」です。
          五等分の花嫁がもう少しで終わってしまうので、何か新規開拓しようかなとも考えていますので、参考にさせてもらいます。

トップへ戻る