【ネタバレ】五等分の花嫁 117話 『五里霧中ランチタイム』のネタバレ、感想

週刊少年マガジン 2020年7号に掲載されている五等分の花嫁 117話のネタバレ、感想です。

前回 116話の記事はこちらです。三玖と四葉はカラオケで一晩明かします。

週刊少年マガジン 2020年6号に掲載されている五等分の花嫁 116話のネタバレ、感想です。 前回 115話の記事はこちらです...

スポンサーリンク
google adsense

四葉と二乃の話し合いの場に、五月と風太郎が

五月の悩み

五月は学習塾で下田に、この前見たドラマの話と前置きしたうえで、悩み相談しています。男女の恋を応援していた女の子が、いざ望み通り二人が結ばれるそうになると、なぜかモヤモヤして胸が張り裂けそうだそうです。誰の悩みか明白ですが、下田の回答は明快でその女の子は男を好きだから嫉妬しているんだと言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

五月は即座に否定しますが、その後も男の子と馬が合わない、彼には既に思い人がいると五月が言っても、下田はドラマではよくある事、恋を自覚した女が男との距離を縮めていく、そこから略奪するのがいいんじゃねーか!と力説します。五月はこのモヤモヤの原因が自分自身にあった事にショックを受けます。しかし、今さら自分が引っ掻き回すような真似はしません!と五月は決意します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

しかし、五月が決意した次の瞬間にはいきなり風太郎と出会ってしまいます。五月は今朝見た、寒いところでは雪も降っているというお天気ニュースで誤魔化しその場を去ろうとしますが、風太郎の方から話したいことがあると昼メシに誘われてしまい、五月は動揺します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

五月、相変わらずのK点越えの昼食

五月はカレーにコロッケ二つ、さらにケーキも二つ注文し、風太郎から相変わらずのK点越えの昼食を見せつけてくるなと言われます。しかし、ケーキの内の一つは風太郎へお祝いの気持ちを込めてあげる分だったようで、自分の分は900円だから小食と言って差し支えありませんと言い張ります。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

五月と風太郎が席を探していると、そこに四葉が現れます。風太郎といる時に四葉と出会ってしまい、動揺する五月です。四葉も動揺したようで、五月と同じように、北の方は雪みたいというお天気ニュースで誤魔化そうとします。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

さらに二乃も現れて、二乃、四葉、五月、風太郎と四人が一緒になってしまいます。どうやら四葉が二乃を話があると誘って、お昼を一緒に食べようとしていたようです。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

二乃も内心は動揺しているのか、四葉や五月と同じようにまずは雪が降っているところよりマシというお天気ニュースの話をしますが、風太郎から今日はその情報をやけに耳にするとツッコまれます。その後、二乃は四葉に、五月は風太郎に話は何かと同時に質問します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

その時、二乃の厳しい視線に気付いた五月は、このままだと衝突は避けられないと考え、無理やり進路の近況報告に話題を変えます。風太郎は大学に予定通り行くつもりで、試験もまず落ちないだろうと余裕の報告をし、四葉はとある体育系の大学から声をかけてもらっているみたいと報告します。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

四葉に厳しい二乃

五月と風太郎は体育大学なら四葉にぴったりだと喜びますが、四葉は最低限の学力試験は必須だとの条件があると言います。それを聞いた風太郎は、がんばれよ…、と返すのが精一杯です。その話を聞いていた二乃が何もしなくても向こうから来てくれるなんて、気楽だわ、と四葉に厳しい物言いをします。そして進路の話から元の四葉が話したかった話題に二乃は戻そうとしますが、不穏な雰囲気を察して五月は二乃を強引に教室に連れていきます。残された風太郎と四葉ですが、四葉も二乃を追いかけて行ってしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

五月に強引に連れていかれた二乃は、五月に怒り立場をはっきりさせるように言います。五月がすぐに答えられずにいると、二乃は五月をおいてどこかに行ってしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

二乃に置いていかれた五月は、二乃を探しますが見つかりません。その後、風太郎から声をかけられ、二乃と逸れたことを伝えますが、その時暗がりの教室の方から物音が聞こえます。五月は教室に二乃がいると思い入っていきますが、いたのはネズミで五月は驚いて風太郎を巻き込んで転倒してしまいます。五月が風太郎を押し倒した形になってしまいましたが、五月はその時下田の言葉を思い出してしまい、顔が真っ赤になってしまいます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

暗がりの教室に、二乃と四葉が

五月が動揺していると、ここ空いてるじゃない、ここなら誰かに聞かれる心配はないと、二乃と四葉が暗がりの教室に入ってきます。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

二乃と四葉が突然教室に入って来て話を始めたので、二人に見つかったらまずいと隠れる五月です。五月は二人っきりでいるところを見られて誤解されたらまずいと動揺しますが、風太郎は冷静に五月に落ち着くように言います。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

そんな冷静に見える風太郎が五月に話した話題もやっぱり、寒いところでは雪が降っているらしいというお天気ニュースの話でした。風太郎自身も動揺しているようですが、五月も風太郎に驚いています。

© 春場ねぎ 五等分の花嫁 117話より

まとめ

今まで恋愛描写が少なかった五月ですが、下田への悩み相談からモヤモヤしているのは男が好きだからと言われて、風太郎を意識し始めます。今さら引っ掻き回すような真似はしないと決意しますが、その後風太郎と、四葉と、二乃と会ってしまい、五月の思惑とは逆方向に進んでしまいます。四葉に対しての二乃の厳しい言葉で、四人が話していた進路の話は強制的に終了となり、最後は四葉と二乃の話し合いを風太郎と聞いてしまう形になります。五月や風太郎がいることがバレれば、さらに衝突してしまいそうです。

姉妹たちの想いを受け止めると決意したので四葉の話したいことは、二乃の想いを聞こうとしているのだと思いますが、風太郎が五月に話したいことが気になるところです。五月が目指している大学のことかな。

次回、五月と風太郎が聞いている中、四葉と二乃が再び話し合います。

週刊少年マガジン 2020年8号に掲載されている五等分の花嫁 118話のネタバレ、感想です。 前回 117話の記事はこちらです...

コミック12巻は、発売中です。こちらから、購入できます。

またコミック13巻は、1月17日(金)に発売予定です。

また同日の1月17日(金)には、五等分の花嫁 キャラクターブック 三玖が発売されます。こちらから、どうぞ。

発売中のコミック1巻~12巻のネタバレ、感想も書いています。こちらからどうぞ。

週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の1巻が発売されました。第1話から第5話まで掲載されています。アニメ化も決定しています。
マガジンで連載中の五等分の花嫁の2巻が発売されました。 1巻のネタバレ、感想はこちらから! 2巻、収録内容 今回は第6話か...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の3巻が発売されました。第15話から第23話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の4巻が発売されました。第24話から第32話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、待望の5巻が発売されました。第33話から第41話まで掲載されてい...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、6巻が発売されました。第42話から第50話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、7巻が発売されました。第51話から第59話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、8巻が発売されました。第60話から第68話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、9巻が発売されました。第69話から第77話まで掲載されています。...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、10巻が発売されました。第78話から第86話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、11巻が発売されました。第87話から第95話まで掲載されています...
週刊少年マガジンに2017年36・37合併号より連載を開始した五等分の花嫁、12巻が発売されました。第96話から第104話まで掲載されていま...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

コメント

  1. 007 より:

    盛り上がって参りました(五女派)。
    まぁ自覚&折り合いを付けるという事で終わる可能性もありますが、ワンチャン出て来た可能性が無きにしもあらずという所でしょうか。とりあえず(一花は仕方ないとして)三玖出ていないのが若干寂しい部分です(前回でやはり終わったのか)。

    とりあえず安定のK点越え昼食……夕食ならまだしも昼食だと中々辿り着かない領域ですね……しかも学食。

    ニ乃と五月の会話見ると、二乃は五月の心情を理解してる節がありますね(前々回の一花も何気に知ってそう)。よくよく考えると、風太郎と五月は言動がかなり似ている傾向にあるので二人共自覚してないという可能性があるんですよね。今回の下田さんとの会話で五月が言っていたセリフは丸々風太郎の心情とリンクしている可能性が無きにしもあらず(2回目)。

    ここに来て、他の姉妹にもチャンスが巡って来たような気がします。このまま四葉ルートで突っ走るのか、自覚する五月が追い抜くのか、ここ2週姿が見えないのが怪しい一花が掻っ攫うのか、ここからごぼう抜きして二乃が行くのか、今現在大穴の三玖が持って行くのか……何言ってるんだって感じですが個人的にかなり盛り上がってます、すいません。

    今回は開幕下田さんが面白かった。やはりこの漫画大人組がいい味出して(※一部除く)。

    • 管理人 より:

      三玖は多分、前回の話で決着ついた感じになっているので、可能性はほぼないと考えていいのでしょう。

      五月は安定のK点越え昼食ですね。期待に応えてくれます(笑)。しかし、四葉でほぼ確定は変わらないとはいえ、今回の話で三玖以外の他の姉妹にも可能性が少し出てきた感じがしますね。来週で二乃と五月の話に決着がつくのか、それとも話はまだ続くのか、この先の展開が気になりますね。

  2. K・T より:

    五月、何かちょっとズレてる所は可愛いな。
    自信満々に自然な日常会話って、
    取って付けた内容の会話だし。
    これで小食って…、小食なのは二乃みたいな量を言うんだぞ。
    風太郎のは、相変わらず焼肉定食の焼き肉抜きかな?

    下田さん、こう言う感じの内容のドラマや漫画が好きなのかな?
    !マークが付きまくりでノリノリじゃねえか。

    • 管理人 より:

      五月はちょっとズレているうえに、小食の定義がおかしいですねぇ。
      今気づきましたが指摘の通り、風太郎が食べているのは焼肉定食の焼肉抜きっぽいですね。さすが風太郎、ブレませんね。

      下田さん、意外にもこういうストーリが好きっぽいですね。ノリノリで力説してます。

  3. より:

    なんかこの先の、風太郎と五月の急接近を匂わせる回でしたね。
    五月ファンは期待してるでしょうが、私は紆余曲折有って四葉に落ち着いて欲しいなと。
    ただ教室で四人が遭遇すると滅茶厄介な事になりそう。
    また四葉は自分だと風太郎に負担になると思って降りる可能性も。

    • 管理人 より:

      五月がここ数話ではカギになる事を匂わせる回でしたね。
      四葉でほぼ確定でしょうが、鐘キスがまだ明かされていないのもあって、他の姉妹が大逆転の可能性をどうしても気にしてしまいます。

  4. 007 より:

    返信ありがとうございます。ここ最近の丁寧な作り方からするとやはり四葉濃厚かなぁって感じはしますね。

    今回の話を読むと、鐘キスは四葉なら動機が判りますが、五月だと、無自覚すぎる感じがしてきますね。ただ、風太郎のように「あれは事故だ、忘れよう」と思ってるのかもしれません。四葉は四葉で鐘キスをした後に風太郎に対して嘘が付けないのに無かった事のように対応(時間空いたからセーフ?)しているのでどっちなのかイマイチ判然としません。あと、あのタイミングで動く突飛な行動力は五月っぽく見えますし、そのあと逃げ去るのは四葉っぽくもあります。

    あとコレはミスリードの可能性がありますが、75話の五羽鶴で五月だけ点数が表記されてて68点(68話は鐘キス)と出てたというのもありますね。

    どう転ぼうともあと5話程なんですよね—-最後まで見逃せません。

    • 管理人 より:

      確かに、四葉が他の姉妹たちの想いを受け止めようとここ数話頑張っているのに、最後に風太郎が選んだのは他の姉妹でした、では風太郎の性格を疑ってしまいますね・・・。
      鐘キスは、色々予想できますがあまり説得力のあるものが思いつかないだけに、気になりますね。
      9巻の「五羽鶴の恩返し」見直しましたが、確かに五月だけ68点と明記されていますね。これが鐘キスの伏線ならすごいです。

  5. やっぱ三玖推し より:

    五月 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!
    下田さんの指摘を否定したり、引っ掻き回さないと言ってますが、無意識の想いが明確になりつつあり決壊寸前の流れとの印象です。
    この後の二乃と四葉のやり取りは想像できませんが、その会話から五月が完全覚醒する展開を予想。場合によっては五月の宣戦布告もあるかもしれず。五月から始まったこの物語、五月がこのまま終わるわけがない、やっぱり最近感じていたラスボス感は間違ってなかった。下田さんの、私の読み通りになる、の断言もこれからの展開を暗示しているかもしれず、最後のドキドキを楽しみたいです。

    • 管理人 より:

      今回のような五月の恋愛描写がもっと早く出て来ていれば下田さんのいう展開も十分あり得たと思いますが、いかんせんあと最終回まで数話では今までの話の整合性が難しいかな、と考えています。
      しかし、可能性は低いとはいえ五月の可能性も出てきたので、今後の展開が見逃せません。

      • より:

        でもこれで「五等分の」になりました。これまではどちらかと言うと「四等分の」でしたから。
        五月が最後の最後で一番美味しいところを持って行くのか?って予想も出来ますが。
        最終回でも明らかにされず、「読者それぞれの思いに任せます」なんてなるかな?

        • 管理人 より:

          結局、読者には花嫁は誰か明らかにせず、ボカシて終わらせる最終回もありえそうですね。
          ここまできたら、花嫁は誰かは明らかにして終わらせてほしいですが、果たしてどうなるでしょうか。

トップへ戻る