【ネタバレ】ランウェイで笑って 15巻のネタバレ、感想

マガジンで連載中のランウェイで笑っての15巻が発売されました。

今回は第122着目から第129着目まで掲載されています。

前巻14巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

マガジンで連載中のランウェイで笑っての14巻が発売されました。 今回は第114着目から第121着目まで掲載されています。 ...
スポンサーリンク
google adsense

15

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

122着目 女神(ミューズ)

テルミからショルダースタイルだけでなく、”3WAY”、”4WAY”オーバーのデコレーションバッグを完成させたら、スペシャルコレクション全ルックにアプロのバッグを使う事を確約してもらえますが、アイデアから考え直して作り直す必要があり、花丘から冷静になるように言われます。それでも育人は千雪に応えたいとバッグのアイデアを考え直す決意をします。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

123着目 誓い

場面は育人と佐久間美依が3WAYオーバーのバッグをテルミに提出する少し前、綾野遠は雑誌の取材を受けていましたが、内容は綾野麻衣に関連する事ばかりです。表面上は気にせず質問に答える綾野遠ですが、内心では綾野麻衣に対して複雑な思いを抱えていました。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

124着目 王子様

綾野遠の所でインターンとして働いている長谷川心は、厳しい環境や苦手な綾野遠の元で追い込まれながらも、辛い環境の方が自分は伸びると信じて頑張っています。しかし本音では、憧れの綾野麻衣や育人がいるアプロの事があり、長谷川心はある決断をします。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

125着目 情景

いよいよTGC(東京ガールズコレクション)が始まり、千雪もモデルとしてショーに参加します。育人もTGCに参加していますが、千雪の出番のスペシャルコレクションが19時からと知らず、最初から不安になってしまいます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

126着目 頭のネジ

育人は千雪の出番までの間、佐久間美依に連れられてテルミの所に挨拶に行きます。そこには映画監督の北谷つとむがいて、佐久間美依は北谷つとむの連絡先を聞きに行ってしまい、育人はテルミと二人っきりになります。育人はテルミにバッグを採用してくれた礼を言うと、テルミから千雪との関係を質問されます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

127着目 ハイパーモデル

TGC(東京ガールズコレクション)のショーに参加した千雪は、低身長のモデルとして苦しんだ今までの中学生時代、高校生時代を思い出します。そしてモデルの自分とデザイナーの育人、二人で認められたランウェイを楽しそうに歩きます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

128着目 無鉄砲

TGCで活躍する千雪を見た父親の研二は、千雪のパリコレの夢のために、TGCに来ている有力者に売り込んでコネクションを作ろうとします。歩いていると偶然出会えた映画監督の北谷つとむに千雪を売り込もうと、父親の研二は慣れない一発芸をやって関心を引こうとします。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

129着目 飛び出す光

TGCのショーも2巡目に突入し再び、千雪が登場します。1巡目よりも声援が多くなり、一層注目され始めた千雪ですが、父親の研二は北谷つとむに上手く売れ込めないでいます。千雪のショーを少しでも会場モニターで見て欲しい研二ですが、北谷つとむは会場もにーたをつけようとせず、千雪の出番の時間だけが過ぎていきます。

© 猪ノ谷言葉 ランウェイで笑って 15巻より

まとめ

バッグを”3WAY”、”4WAY”オーバーのデコレーションバッグに改良する課題を、テルミから突きつけられますが、何とか育人はその課題を乗り越えて、いよいよTGC開幕です。

この巻ではやっとTGCという晴れ舞台に立てた千雪の姿が詳しく描かれていて、千雪も大舞台に立てるまでに、成長したのだというのが今巻で分かります。そして少し描かれていますが、綾野遠とシャルロット組も次巻で登場しそうで、TGCのスペシャルコレクションはさらに盛り上がりそうです。

1月10日からMBS・TBS・BS-TBS「アニメイズム」枠で、アニメが開始しています。

「週刊少年マガジン」にて好評連載中、猪ノ谷言葉によるトップモデルとデザイナーを目指す青春群像劇『ランウェイで笑って』が2020年1月にTVアニメ化決定!

あと残り話数も少しですが、アニメもぜひチェックしてみて下さい。


15巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る