【ネタバレ】ワールドトリガー 206話「遠征選抜試験④」あらすじ、ネタバレ

ジャンプSQ 2021年4月号に掲載されているワールドトリガー 206話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。臨時部隊のチーム分けは、最後の第3プールが行われます。

ジャンプSQ 2021年2月号に掲載されているワールドトリガー 205話のネタバレ、感想です。 前回の記事はこちらです。遠征選...

スポンサーリンク
google adsense

A級部隊の説明会

試験説明会、終了

A級隊員が第1試験の審査官と聞き、多くの選抜試験参加者が驚きますが、影浦は何となく気付いていたようです。最後にふたつ、忍田から注意点があります。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

一つ目は臨時部隊のチームメイト同氏は試験開始まで、コンタクトが禁じられます。試験までの間、事前にっチームで作戦を練ったり、連絡を取り合ったりはしてはいけない、ということのようです。ボーダー上層部が厳密に監視するわけではないようですが、ルールを厳守するようにと忍田は言います。二つ目は、16日にある「隊長面接」に今回決まった臨時部隊の隊長は参加するように、との事です。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

A級部隊が試験の成績順を予想

説明会が終わり全員退出した後、別室にいるA級部隊の隊員に根付からA級部隊の説明会が行われる、と説明があります。各チームごとに小会議室に移動した後、A級部隊が閉鎖環境試験の審査を担当する、と根津が説明します。自分達が遠征に参加すると仮定した上で、遺書に遠征するクルーとして相応しいかどうか、能力と人格の両面で評価・採点してもらいたい、と画面越しに根津が言います。その審査結果を上層部がチェックし、最終的な合否を決める材料にするそうです。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

A級8位 片桐隊の隊長、片桐はそれを聞いて、俺たちが臨時部隊の審査して、実際は上層部が俺たちの審査を審査、ってことだろうな、と予想します。その後、根津はA級部隊に今回の試験の成績順を予想するように言います。閉鎖環境試験、長時間戦闘試験の、それぞれの予想順位を制限時間45分の間に予想するように言います。その間の会話は録音され、順位付けの理由や注目点、懸念点も話し合うように言われます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

閉鎖環境試験の予想

A級2位 冬島隊のオペレーター、真木は、閉鎖環境試験、長時間戦闘試験の試験内容も分からないのに予想も糞もない、と不満を漏らしますが、まず第1試験のそれぞれの臨時部隊の不安要素から予想していきます。歌川1番隊のオペレーター、志岐は男の人が苦手なので閉鎖環境はしんどいかもしれない、という意見が出ます。さらに漆間は他の隊員と絡んでいた記憶がないから、そのあたりも不安材料になるか……、と言った意見も出ます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

しかし、空閑はわからないことがあったら素直に人に訊けるし、人懐っこいし大丈夫だが、ヒュースは誰かが助けてくれるの待ってる甘えんボーイだから問題だ、と小南が言います。北添4番隊は菊地原の耳がいいので、閉鎖環境だとストレスが凄そうという意見が出ます。さらに北添は慕われる性格だが、体調としては優しすぎるような気もする、との不安点も出ます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

柿崎3番隊では、影浦のサイドエフェクトが閉鎖環境試験では厳しそうだと、当真が言い、さらに影浦は刺さってくる感情と外面が一致しないのがうぜぇ、という理由で犬飼を嫌ってたとも言います。さらに別役は予測不能なので爆弾、という意見も出ます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

閉鎖環境で有利そうなチームとしては、古寺6番隊と水上9番隊は頭がいい、村上10番隊は協調性が高い、という理由で上げられます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

二宮8番隊は、二宮の仏頂面では中学生組の雨取、絵馬が懐かないだろう、と太刀川が言います。しかし、試験なら何かやる事あるだろうし大丈夫でしょ、と出水が言います。東が仕切ってくれそうという意見も出ますが、今回東は隊長役ではないので隊長がやるべきことは二宮に任せるだろう、とA級7位 三輪隊のオペレーター、月見が言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

来馬5番隊は、来馬と弓場の飴とムチ的な関係で組み合わせが良さそうという意見が出ますが、A級4位 草壁隊の隊長兼、オペレーターの草壁はむしろ戦闘面に不安があると言います。来馬5番隊は足の速さにバラつきが大きいと言い、このメンバーで陣形と火力を両立するのは急増部隊だと難しいと思うわ、と草壁は言います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

同じ理由で北添4番隊と諏訪7番隊も戦闘試験は不利ね、と草壁は言い、王子2番隊、柿崎3番隊、古寺6番隊は臨時隊長が意識的にチームの機動力を揃えている、と草壁は予想します。しかしそれを聞いた緑川は、三雲のワイヤーが決まった試験まだ見ていないな……、と心の中で思います。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

長時間戦闘試験の予想

長時間戦闘試験の予想では、A級8位 片桐隊のアタッカー 一条が、トップは東がいる二宮8番隊だろ、と言います。その流れでB級の順位を確認しますが、玉狛第2が影浦隊をおさえて2位なのに驚きます。オペレーターの結束から、言っとくけど玉狛のフロント二人は、たぶんあんたたちより強いよ、と言われB級のログを見ておく必要があるな……、と片桐が呟きます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

北添4番隊は、長時間戦闘試験では夜の場面があり得て、暗視効果は使っている間少しずつトリオンを食うから、みんななるべくなら使いたくないはず、と予想します。そこで北添の炸裂弾(メテオラ)で灯りを壊せば、菊地原の耳の有利がでかくなる、と何人かが意見します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

長時間戦闘試験では二宮8番隊が最有力と出水も予想しますが、他では若村11番隊は若村の指揮が未知数すぎるなー、と太刀川が厳しめの予想をします。諏訪7番隊は三雲や香取のワイヤー殺法がハマればなんか起きそう、との意見が出ます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

試験の成績順の予想、終了

A級部隊による、選抜試験の試験の成績順の予想が終了し、上層部が別室で結果を確認しています。長時間戦闘試験っは二宮8番隊が断トツの一番人気で、二番手は歌川1番隊です。閉鎖環境試験のほうは古寺隊、村上隊、水上隊、来馬隊あたりが上位のようです。目立って低いのは若村11番隊で、ヒュースがネイバーと知っている人達は軒並み若村隊を最下位に近い位置に置いているようです。唐沢は閉鎖環境試験に限っては、諏訪7番隊が気になると言います。諏訪7番隊には全チームで唯一、隊長経験者が3人いるからと唐沢は言い、「命令を出す側の気持ちがわかる」というのは結構大きいと思う、と予想します。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

そして、3日の準備期間と隊長面接を挟み、3月17日より遠征選抜 第1次試験(閉鎖環境試験)が開始されます。

© 葦原大介 ワールドトリガー 206話より

まとめ

今回は、A級部隊が臨時部隊11チームの、閉鎖環境試験、長時間戦闘試験、それぞれの順位を予想しています。閉鎖環境試験は頭がいい人、性格いい人が多いチームが評価されているようです。長時間戦闘試験では、二宮隊がやはり断トツの一番人気のようです。二番人気は歌川隊で、漆間が『いつもの動き』をすれば、それだけで自然と連携の形になりそう、と風間隊は言っています。漆間がどんな動きをするのか気になります。

そして、207話から閉鎖環境試験が始まります。閉鎖環境試験は一週間なので、結構話数が長くなるかもしれません。

次回は、4月2日(金曜)発売予定のジャンプSQ 2021年5月特大号に掲載予定です。残念ながら、ジャンプSQ 2021年5月特大号のワールドトリガーは、葦原先生の体調不良のため、休載となりました。次回は、5月1日(土曜)発売予定のジャンプSQ 2021年6月号特大号に、掲載予定だそうです。


ジャンプSQ 2021年5月号では、作者 葦原大介先生 体調不良のため、休載となりました。

今月のジャンプSQ 2021年5月特大号に掲載される予定だったワールドトリガー 207話ですが、作者 葦原大介先生 体調不良のため、休載とな...

最新刊23巻を購入される方は、こちらから。

発売中のコミック23巻のネタバレ、感想も書いています。

ワールドトリガー23巻には、第197話から第205話まで掲載されています。 23巻の収録内容 23巻の表紙は林藤 陽太郎と忍田 ...

放送中のアニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンの記事です。

ワールドトリガーのアニメ新シーズンの放送開始日が決定しました。アニメ「 ワールドトリガー 」2ndシーズンとして、2021年1月9日(土)か...
スポンサーリンク
google adsense
google adsense

フォローする

トップへ戻る